コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三物 みつもの

2件 の用語解説(三物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三物
みつもの

(1) 鎌倉時代以来行われた3つの射芸。馬上で行う流鏑馬 (やぶさめ) ,笠懸 (かさがけ) ,犬追物 (いぬおうもの) と,徒歩で行う大的 (おおまと) ,草鹿 (くさじし) ,円物 (まるもの) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三物
みつもの

3種のそろった物の意で、武家では武具の鎧(よろい)の胴、袖(そで)、兜(かぶと)をはじめとして、馬上から弓を射る騎射のうちの流鏑馬(やぶさめ)(これが廃れたのちは歩射(ぶしゃ))、笠懸(かさがけ)、犬追物(いぬおうもの)をいい、武家の奏者が所持する太刀(たち)、折紙、状箱をいった。連歌(れんが)、俳諧(はいかい)では発句(ほっく)(第一句)、脇句(わきく)(第二句)、第三句をいい、とくに近世以降には、この三物を歳旦(さいたん)の祝儀として詠むことが多い。庶民的なところでは三つ身の着物をいったり、古着をいったが、これは表、裏、中綿の三つに引き解いて売ったからだといい、また料理でも椀(わん)盛り、刺身、甘煮の三品をいったり、口取り、刺身、焼き魚をいったりする。[宇田敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三物の関連キーワード寂済祥月色直し御湯殿始め寛喜功銭漢和聯句籤的射芸方鑑

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三物の関連情報