コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三菱化学[株] みつびしかがく

百科事典マイペディアの解説

三菱化学[株]【みつびしかがく】

総合化学で国内トップ,世界5位の会社。1934年日本タール工業として設立。1950年集中排除法により,旭硝子(ガラス),新光レイヨン(現三菱レイヨン)とに3分割された。1952年三菱化成工業から三菱化成へ改称。石炭乾留を起点に染料,肥料,合成樹脂などに発展した代表的総合化学工業会社で,総合化学メーカーのトップとなった。ファインケミカルを志向し,医薬品にも注力。1994年10月三菱油化と合併し現社名。1999年10月,東京田辺製薬(1921年設立)と合併,医薬品部門を分離して三菱東京製薬を設立。2005年株式移転により,三菱ウェルファーマと共同持株会社三菱ケミカルホールディングスを設立。
→関連項目三井化学[株]吉富製薬[株]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みつびしかがく【三菱化学[株]】

日本最大の総合化学会社。1994年10月,同じ三菱グループの三菱化成と三菱油化(石油化学最大手,94年資本金541億円,94年3月期売上高3267億円)が合併,発足。資本金1407億円(1997年5月),売上高1兆0808億円(1997年3月期)。【編集部】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android