コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米川文子 よねかわふみこ

百科事典マイペディアの解説

米川文子【よねかわふみこ】

地歌・箏曲家。高梁市出身。異母姉の米川暉寿(てるじゅ)に師事。1906年上京。以後,小出とい・菊原琴治・田中韶(うめ)などにも師事。1933年単独でロシアに箏曲を紹介。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

米川文子
よねかわふみこ
(1894―1995)

生田(いくた)流箏曲(そうきょく)・地歌演奏家。岡山県高梁(たかはし)に生まれる。姉の米川暉寿(てるじゅ)のほか、1905年(明治38)に上京して小井出とい、菊原琴治らにも学んで、それらを合一して独自の芸風を樹立。36年(昭和11)以来、地唄舞(じうたまい)研究会なども開き、芸術祭参加の演奏会で奨励賞や芸術祭賞を受けるなど、第一線で活躍。66年(昭和41)に箏曲の重要無形文化財保持者に認定され、79年に芸術院会員となり、81年には文化功労者に選ばれた。兄に箏曲家の米川琴翁(きんおう)(箏曲家米川敏子の父)、ロシア文学者の米川正夫がいる。[平山けい子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の米川文子の言及

【箏曲】より

…箏曲家の多くは,山田流を除いて地歌三味線家を兼ねており,山田流箏曲家も,山田流独自の三味線のほか,地歌三味線も扱うが,三味線の組歌は伝承しない。現代邦楽の作曲活動に従事する者も,古典曲の伝承を基本としており,山田流では,初世越野栄松(1887‐1965),中能島欣一,2世上原真佐喜(1903‐96)が,それぞれ人間国宝に指定され,生田流箏曲家としては,米川文子(1894‐1995),宮城喜代子(1905‐91)が指定されている。なお,地歌の人間国宝の菊原初子,富山清琴らは,箏曲家としても第一流である。…

※「米川文子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

米川文子の関連キーワード米川 文子(1代目)[各個指定]芸能部門上原真佐喜(2世)米川 文子(初代)米川敏子(1世)米川文子(2代)斉藤 芳之都米川 琴翁武原 はん6月15日米川 敏子米川 暉寿米川 親利神崎ひで米川琴翁地歌

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

米川文子の関連情報