コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上磯 かみいそ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上磯
かみいそ

北海道南西部,北斗市南部の旧町域。函館湾に面する。 1918年町制。 1955年茂別村を編入。 2006年大野町と合体して北斗市となった。地名はアイヌ語でカムイソ (神瀑あるいは美しい岩の意) に由来するともいわれる。函館湾奥沿いに位置し,安政2 (1855) 年に松前藩戸切地陣屋 (へきりちじんや) が置かれた。峩朗鉱山の豊富な石灰岩と万太郎沢のドロマイトを原料として 1890年セメント工場が創設された。その後石油精製所なども立地し,函館工業地域の外延部の景観を呈する。野菜栽培のほか,沿海では定置網漁業ホッキガイの採取も行なわれる。戸切地陣屋跡,茂別館跡 (もべつたてあと) は国の史跡。トラピスト修道院や当別の海水浴場もあって,訪れる人が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上磯
かみいそ

北海道南西部、渡島(おしま)支庁(現、渡島総合振興局)管内にあった旧町名(上磯町(ちょう))。現在は北斗(ほくと)市の南西部を占める地域。旧上磯町は1918年(大正7)町制施行。1955年(昭和30)茂別(もべつ)村を編入。2006年(平成18)、亀田(かめだ)郡大野(おおの)町と合併して市制施行、北斗市となる。旧町名はアイヌ語の「カムイソ」(神の岩、美しい岩)に由来する。旧町域は津軽海峡に面し、山地、丘陵・台地、平地からなる。市街地は函館平野の一部で、戸切地(へきりち)川、大野川、茂辺地川などがつくる沖積平野が占める。JR江差(えさし)線、国道228号が通じる。かつては米作、ジャガイモ栽培主体の農業と漁業のほか、背後の山地に埋蔵する石灰岩を利用したセメント工業の町であった。高度成長期に石油、木材工業が立地し、1984年「テクノポリス函館」指定を受け上磯工業団地(1985)、追分地区農工団地(1992)を造成、食品、精密機械、金属などの工場多数が進出した。農業もトマト、キュウリ、イチゴなどの施設園芸を取り入れた複合経営に変わっている。漁業ではホッキガイ、イワシ、カレイなどの水揚げがある。また、市街地は函館市のベッドタウン化している。国史跡に、15世紀に安東氏の拠(よ)った茂別館跡(もべつたてあと)、松前藩戸切地陣屋跡があり、トラピスト修道院は日本で最初の男子修道院である。[瀬川秀良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

上磯の関連キーワード北海道上磯郡木古内町御宮野北海道上磯郡木古内町大釜谷北海道上磯郡木古内町木古内北海道上磯郡木古内町二乃岱久上のエゾ鹿ジンギスカン北海道上磯郡木古内町釜谷北海道上磯郡木古内町大平北海道上磯郡木古内町大川北海道上磯郡木古内町瓜谷北海道渡島〈総合振興局〉北海道上磯郡木古内町中野北海道上磯郡木古内町新道北海道上磯郡木古内町亀川北海道上磯郡木古内町幸連北海道上磯郡木古内町橋呉北海道上磯郡木古内町前浜北海道上磯郡木古内町建川北海道上磯郡木古内町札苅北海道上磯郡木古内町鶴岡北海道上磯郡知内町湯ノ里

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上磯の関連情報