コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上野原(うえのはら)遺跡 うえのはらいせき

1件 の用語解説(上野原(うえのはら)遺跡の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

上野原(うえのはら)遺跡

鹿児島県霧島市で1997年春に見つかった約9500年前(縄文時代早期)の大集落遺跡。46棟の竪穴住居を始め、屋外タイプの集石炉、蒸し焼き炉、道路、墓穴跡などが確認された。蒸し焼き炉跡は、2つの穴が地下でつながった「連穴土坑(こう)」と呼ばれる特異な構造。近年の南日本の優れた縄文遺跡の相次ぐ発見は、北、東日本中心とされてきた縄文文化の再検討を迫っている。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上野原(うえのはら)遺跡の関連キーワード鹿児島県鹿児島市霧島霧島神宮鹿児島大学霧島市鹿児島神宮霧島温泉襲国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone