コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上野原(うえのはら)遺跡 うえのはらいせき

1件 の用語解説(上野原(うえのはら)遺跡の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

上野原(うえのはら)遺跡

鹿児島県霧島市で1997年春に見つかった約9500年前(縄文時代早期)の大集落遺跡。46棟の竪穴住居を始め、屋外タイプの集石炉、蒸し焼き炉、道路、墓穴跡などが確認された。蒸し焼き炉跡は、2つの穴が地下でつながった「連穴土坑(こう)」と呼ばれる特異な構造。近年の南日本の優れた縄文遺跡の相次ぐ発見は、北、東日本中心とされてきた縄文文化の再検討を迫っている。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

上野原(うえのはら)遺跡の関連キーワード香港映画ホンダ・インターナビASEANスペイン映画武幸四郎日産ディーゼル 大型低床路線バスEBS(電子制御ブレーキシステム)ブルガリア文学草野満代イマヤス

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone