コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上黒岩岩陰遺跡 かみくろいわいわかげいせき

4件 の用語解説(上黒岩岩陰遺跡の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

上黒岩岩陰遺跡【かみくろいわいわかげいせき】

愛媛県上浮穴(かみうけな)郡美川村,久万川上流右岸の断崖下にある縄文時代草創期・早期の遺跡。第9層からは縄文草創期の細隆起線文土器片,有舌尖頭(せんとう)器とともに女性像を線刻した小礫(れき)が出土した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かみくろいわいわかげいせき【上黒岩岩陰遺跡】

愛媛県上浮穴郡美川村上黒岩にある,旧石器時代晩期から縄文早期にかけての岩陰遺跡。国道33号線を走る松山~高知間のJRバス路線の上本組停留所(仁淀川の支流久万川に沿い,標高約396m付近)の対岸にあり,河床よりの高さ約10mである。岩陰を構成する屛風状の岩壁は石灰岩で,この石灰岩壁の下に遺跡が発見された。発掘調査の行われたのは1961‐62年で,上部の押型文土器の包含される層からは10体以上の埋葬人骨が発見され,縄文早期の人骨研究に重要な資料を提供した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国指定史跡ガイドの解説

かみくろいわいわかげいせき【上黒岩岩陰遺跡】


愛媛県上浮穴(かみうけな)郡久万高原(くまこうげん)町上黒岩にある縄文時代の岩陰遺跡。「岩陰遺跡」とは張り出した岩盤を屋根代わりに利用した遺跡のことで、上黒岩遺跡は、久万川右岸の河岸段丘にある高さ約30mの屏風状の石灰岩の断崖下にある。1961年(昭和36)、中学生だった竹口義照が見つけた土器片がきっかけで、同年から5回にわたる調査の結果、縄文時代草創期から後期までの1万年近くにわたって使われてきた岩陰であることが判明した。1971年(昭和46)に国の史跡に指定された。第1層から第9層までに遺物が包含され、とくに第4層の縄文時代早期における20体をこえる埋葬人骨や第9層の繩文時代創草期における細隆線文土器、有舌尖頭器(ゆうぜつせんとうき)、削器、礫器(れっき)、礫石に線刻した岩版などの遺物は、この時代最古の遺物であり貴重な資料となっている。注目される出土物に鹿の角の投げ槍が刺さった腰骨がある(第4層)。経産婦の腰骨であり、同様の傷はほかにもあることから、戦闘によるものではなく、生前または死後まもなく突き刺れたものであって、死後儀礼の可能性もあるといわれる。また、女神像を線刻した礫(第9層)も注目される。ビーナス像といわれ、鋭利な剥片石器を用いて女性像を礫に描いたもので、信仰の対象だった可能性が指摘されている。こうした女性像が出土したのは日本では初めてであり、同じ地層からおよそ1万2000年前の、発見当時としては世界最古級の土器も出土した。出土品は上黒岩遺跡考古館に展示されており、岩陰内の遺物包含層は科学的処理によって固められて保存され、断面を観察できる。JR予讃線松山駅からジェイアール四国バス「上黒岩遺跡前」下車、徒歩すぐ。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上黒岩岩陰遺跡
かみくろいわいわかげいせき

愛媛県上浮穴(かみうけな)郡久万高原(くまこうげん)町上黒岩にある縄文時代初頭の遺跡。土佐湾に注ぐ仁淀(によど)川の上流、久万(くま)川の右岸にあり、北東面に覆いかぶさるような石灰岩の断崖(だんがい)下にある岩陰遺跡である。南西面から一日中日差しを受けるため、標高約400メートルの高地にあるが冬でも暖かい。本遺跡の第9層からは、日本最古級の土器といわれる細隆起線文(さいりゅうきせんもん)土器や、有舌尖頭器(ゆうぜつせんとうき)、緑泥片岩の扁平(へんぺい)な川原石で製作した線刻女人像などが出土した。この層から出土した木炭の放射性炭素C‐14の年代測定からは約1万2000年前の年代が得られた。第4層からは、縄文時代早期中ごろ(8000年前)の押型文(おしがたもん)土器と人骨20体以上が発掘された。国の史跡に指定(1971)。[江坂輝彌]
『日本考古学協会洞穴遺跡調査特別委員会編『日本の洞穴遺跡』(1967・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の上黒岩岩陰遺跡の言及

【土偶】より

…エジプトでは先王朝時代に墓に副葬された土偶がある。 日本では土偶は縄文時代草創期になって作られるようになるが,先縄文時代のナイフ形石器に伴ってコケシ形石製品と呼ばれる一種の岩偶が大分県岩戸遺跡から出土しており,また愛媛県上黒岩岩陰遺跡では,長さ5cmほど,幅3cm前後の扁平な緑泥片岩で,長い頭髪や乳房,腰蓑を表現する線刻のある礫が,草創期の隆起線文土器とともに出土している。女性を示す点,土偶との共通性をみせる。…

※「上黒岩岩陰遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

上黒岩岩陰遺跡の関連キーワード愛媛県上浮穴郡久万高原町相の木愛媛県上浮穴郡愛媛県上浮穴郡久万高原町久万愛媛県上浮穴郡久万高原町沢渡愛媛県上浮穴郡久万高原町下畑野川愛媛県上浮穴郡久万高原町菅生愛媛県上浮穴郡久万高原町直瀬愛媛県上浮穴郡久万高原町七鳥愛媛県上浮穴郡久万高原町柳井川愛媛県上浮穴郡久万高原町若山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上黒岩岩陰遺跡の関連情報