不変資本・可変資本(読み)ふへんしほんかへんしほん(英語表記)constant capital,variable capital

世界大百科事典 第2版「不変資本・可変資本」の解説

ふへんしほんかへんしほん【不変資本・可変資本 constant capital,variable capital】

産業資本とは,生産過程根拠として剰余価値を取得する価値の運動体である。そこで産業資本が生産過程を開始するためには,あらかじめ前貸しした貨幣資本を,機械原料等の生産手段だけでなく,労働力商品の購入に向けなければならない。資本主義的生産過程とは,このように資本によって購入された労働力の使用価値が消費されること,すなわち賃金労働者が主体的に生産手段に働きかけ新生産物を生みだすことにほかならない。 この過程を価値形成・増殖の観点からみると,生産過程にある資本を2種類の資本に分けて規定することができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android