不届き(読み)フトドキ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐とどき【不届き】

[名・形動]《古くは「ぶととき」とも》
配慮・注意の足りないこと。不行き届き。「万事不届きのないよう注意する」
道や法に背いた行為をすること。また、そのさま。「不届きな所行」「不届き者」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふとどき【不届き】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔古くは「ぶとどき」とも〕
道理や法に従わないこと。ふらちなこと。また、そのさま。 「 -な奴だ」 「 -者め」
行き届かないこと。不注意なこと。 「もとすけが-か頼朝の-か/御伽草子・唐糸」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不届きの関連情報