不届き(読み)フトドキ

デジタル大辞泉「不届き」の解説

ふ‐とどき【不届き】

[名・形動]《古くは「ぶととき」とも》
配慮・注意の足りないこと。不行き届き。「万事不届きのないよう注意する」
道や法に背いた行為をすること。また、そのさま。「不届きな所行」「不届き者」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android