以ての外(読み)モッテノホカ

デジタル大辞泉の解説

もって‐の‐ほか【以ての外】

[名・形動]
とんでもないこと。けしからぬこと。また、そのさま。「以ての外な(の)振る舞い」
予想を越えて程度がはなはだしいこと。また、そのさま。
「事の由を人の風説(うわさ)に伝え聞て、―なる大腹立」〈逍遥当世書生気質

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もってのほか【以ての外】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
非常に不届きであること。けしからぬこと。また、そのさま。 「悪口を言うとは-だ」
思いもかけずはなはだしい・こと(さま)。 「 -の怒りよう」 「 -のあわてよう」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android