コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沙汰の限り サタノカギリ

2件 の用語解説(沙汰の限りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

沙汰(さた)の限り

是非を論じる範囲をこえていること。論外。また、言語道断。もってのほか。「あんな男をリーダーに据えるとは沙汰の限りだ」「沙汰の限りを尽くす」
理非・善悪の問題となる範囲。
「是をだに心得ざらんは―にあらず」〈正徹物語・上〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さたのかぎり【沙汰の限り】

とやかく言えないほどのひどさ。もってのほか。常識外。論外。 「命令にそむくなどは-だ」 「 -の僭越せんえつ
理か非か判定を下すことのできる限度内。 「縦ひ白状に載ると雖も財物無き者は更に-に非ず/貞永式目」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone