コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大それた ダイソレタ

デジタル大辞泉の解説

だい‐それた【大それた】

[連体]身分・常識などから大きく外れているさま。とんでもない。度外れた。「大それた考えを抱く」「大それた罪を犯す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だいそれた【大それた】

( 連体 )
常識や道理からは考えられないほど大きくはずれているさまをいう語。とんでもない。全く非常識な。おおそれた。 「 -望みを抱く」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大それたの関連キーワード仕出かす・為出来す蚍蜉大樹を動かすもたつく大事考え大百望み野望連体

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大それたの関連情報