コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島知久平 なかじまちくへい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中島知久平
なかじまちくへい

[生]1884.1.1. 群馬
[没]1949.10.29. 三鷹
実業家,政治家。海軍機関学校卒業後,明治末年アメリカ,イギリス,フランスに海軍軍人として留学し,飛行機研究を行なった。その後横須賀海軍工廠内飛行機工場長を経て,1917年大尉で退官し,日本最初の民間飛行機工場 (→中島飛行機 ) を,また 22年には中島商事会社を設立して,のちに軍需会社として発展させた。 30年代議士に当選し,近衛文麿内閣の鉄道大臣となった。 38年立憲政友会総裁の地位鳩山一郎と争い,分裂した政友会の中島派総裁となった。その後,内閣顧問,大政翼賛会総務を歴任し,第2次世界大戦終了時には軍需相の地位にあった。戦後A級戦犯となったが,47年には釈放された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なかじま‐ちくへい【中島知久平】

[1884~1949]実業家政治家。群馬の生まれ。海軍飛行機工場長を経て、中島飛行機会社を創設。のち政界に進出し、鉄道相・政友会総裁・軍需相などを歴任。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

中島知久平【なかじまちくへい】

実業家,政治家。群馬県出身。海軍機関学校を卒業,飛行機研究のため米仏に留学し,海軍機関大尉で退官。1917年日本最初の飛行機会社(中島飛行機)を設立,一大軍需工場とした。
→関連項目政友会富士重工業[株]前田米蔵

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島知久平 なかじま-ちくへい

1884-1949 大正-昭和時代前期の実業家,政治家。
明治17年1月1日生まれ。大正6年日本最初の民間飛行機製作会社(のちの中島飛行機)を設立,一大軍需会社に発展させる。昭和5年衆議院議員(当選5回,政友会)。鉄道相などをつとめる。戦後,A級戦犯とされたが釈放。昭和24年10月29日死去。66歳。群馬県出身。海軍機関学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中島知久平

没年:昭和24.10.29(1949)
生年:明治17.1.11(1884)
大正昭和期の実業家,政治家。群馬県新田郡尾島村の農家に生まれ,海軍機関学校に入学。在学中から飛行機に関心を持ち,任官後もその重要性を主張して,航空機関係の職務を歴任した。大正6(1917)年に飛行機の製作を自ら行うことを決意し,機関大尉で海軍を退官,群馬県の太田に飛行機研究所を設立した。のちに中島飛行機株式会社に改組された同社は,九一式戦闘機,一式戦闘機(『隼』)をはじめ126種の飛行機を開発して,太平洋戦争終結までに通計約2万6000機を生産した巨大な航空機メーカーとなった。しかし,中島自身は昭和5(1930)年に衆院議員に当選してからは,政治家としての活動に力を入れるようになり,政友会で一派を築いて,この分野でも大きな足跡を残した。第1次近衛内閣では鉄道相,東久邇内閣で軍需相(のち商工相)に就任した。戦後はA級戦犯に指定されたが,22年に解除された。<参考文献>渡部一英『巨人中島知久平』

(柴孝夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかじまちくへい【中島知久平】

1884‐1949(明治17‐昭和24)
実業家,政治家。群馬県に生まれる。1907年海軍機関学校卒業。飛行機製造研究のため欧米に留学し,海軍航空技術研究委員をへて横須賀海軍工廠内飛行機工場長に就任する。17年大尉で退官し,日本最初の飛行機製造工場中島飛行機会社を設立。社業の拡大をはかる一方,30年総選挙に当選,以後当選5回。立憲政友会に属し,犬養毅内閣で商工政務次官となる。しだいに資金面で重きをなし,37年2月総裁代行委員の一人となり,鳩山一郎と次期総裁を争ったが,党内を二分するありさまとなり,39年4月分裂大会で総裁に就任(反対派は政友会久原房之助派)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

なかじまちくへい【中島知久平】

1884~1949) 実業家・政治家。群馬県生まれ。海軍技術将校として飛行機製作にあたり、退官後、中島飛行機会社を創設。のち政界に入り鉄道相、政友会総裁をつとめた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中島知久平
なかじまちくへい
(1884―1949)

大正・昭和期の実業家、政治家。群馬県生まれ。海軍機関学校卒業。横須賀海軍工廠(こうしょう)内飛行機工場長を経て1917年(大正6)に大尉で退官。同年飛行機研究所創立。同所はのちに中島飛行機株式会社と改称し、戦時下に一大軍需会社として発展した。1930年(昭和5)より代議士。その資金力のために、所属する政友会の金袋ともいわれた。商工政務次官を経て第一次近衛文麿(このえふみまろ)内閣の鉄道相。1938年以降鳩山一郎(はとやまいちろう)と党総裁の地位を争い、翌1939年4月分裂後の党総裁(中島派政友会)となる。その後、内閣参議、大政翼賛会総務などを経て、敗戦直後、東久邇宮稔彦(ひがしくにのみやなるひこ)内閣の軍需相。A級戦犯に指定されたが1947年(昭和22)釈放。[立松 潔]
『高橋泰隆著『中島知久平――軍人、飛行機王、大臣の三つの人生を生きた男』(2003・日本経済評論社) ▽豊田穣著『飛行機王・中島知久平』(講談社文庫) ▽渡部一英著『日本の飛行機王中島知久平――日本航空界の一大先覚者の生涯』(光人社NF文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の中島知久平の言及

【政友会】より

… そして,各層の期待を担い,清新ムードのなかで登場した近衛文麿内閣の成立には政友会は好意的態度をとり,1937年7月日中戦争が勃発すると,党をあげて戦争遂行を支持し,翌38年議会の権能を大きく制約する国家総動員法案に対しても反対できなかった。37年に鈴木総裁が辞任して以後,政友会は中島知久平,前田米蔵,鳩山一郎,島田俊雄の4代行委員制の下で運営されたが,中島ら革新派が近衛の新党運動に接近したため党内対立は激化し,39年中島派が強引に中島を総裁に決定したため,鳩山派はこれに対抗して久原房之助を総裁に推し,ここに政友会は両派に分裂した。 これ以後,政友会は軍部の思惑や政府の政党操縦策のために翻弄されて動揺を続け,40年に入って近衛の新体制運動がおこると,久原派が7月16日に解党し,引き続き中島派が30日に解党することになり,政友会は40年に及ぶみずからの歴史に幕を下ろした。…

【中島飛行機[株]】より

中島知久平が創立した航空機メーカー。第2次大戦終戦時には三菱重工業と並ぶ日本の代表的総合航空機メーカーに成長するとともに,いわゆる中島コンツェルンの中核会社であった。…

※「中島知久平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中島知久平の関連キーワード中島飛行機[株]富士重工業(株)富士重工業[株]中島コンツェルン中島 源太郎反軍演説問題山崎 達之輔川西 清兵衛三浦 義一前田 米蔵島田 俊雄1月11日望月 圭介中島源太郎川西清兵衛三浦義一海軍軍人

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中島知久平の関連情報