コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊岡盆地 とよおかぼんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊岡盆地
とよおかぼんち

兵庫県北部,円山川下流域にある盆地。東西約 4km,南北約 14km。更新世以後の沈水谷が陸化したもので,きわめて低平なため円山川の治水が完成するまでは洪水が頻発した。特産物の柳行李低湿地の野生のヤナギを利用。明治以前,但馬地区の中心は水害の少なかった出石盆地にあったが,鉄道敷設の影響や 1920年以後の治水の成果などで明治以後は豊岡に移った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とよおか‐ぼんち〔とよをか‐〕【豊岡盆地】

兵庫県北部、円山(まるやま)川下流を中心に細長く広がる盆地。丹後山地西側に位置する。南北約14キロメートル、東西約4キロメートル。周辺は低い山地・丘陵に囲まれている。穀倉地帯

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とよおかぼんち【豊岡盆地】

兵庫県北部,円山(まるやま)川下流にある南北に細長い盆地。平野の乏しい但馬(たじま)地方では最大の穀倉地帯をなす。円山川の河谷に海が入りこみ,その後埋積が進んで形成されたため,河口から12kmの豊岡市中心部でも標高4mという低さであり,1923年から38年にかけて大改修が行われるまで円山川が蛇行する盆地中央部は水害の常襲地帯であった。低湿地では柳行李(やなぎごうり)の原料となるコリヤナギ(杞柳(きりゆう))が栽培されていたが,現在ではほとんど見られない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕豊岡盆地(とよおかぼんち)


兵庫県北部の盆地。円山(まるやま)川と出石(いずし)川の合流地点に広がる。中心都市は豊岡市。南北約14km、東西約2~8km。先史時代には豊岡市出石町付近まで海が侵入していたが、河川の堆積(たいせき)作用で陸化し、盆地が形成された。現在でも、河口から約12kmの豊岡市街で標高約4m。大正から昭和期に円山川が改修されるまでは水害を繰り返した。近年では2004年(平成16)10月、台風23号による集中豪雨のために市街地が水没する大水害に襲われた。かつては柳行李(やなぎごうり)の産地だったが、河川改修が進み県有数の穀倉地帯に変貌し、稲作が盛ん。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊岡盆地
とよおかぼんち

兵庫県北部、円山(まるやま)川と出石(いずし)川の合流地点に発達した河谷盆地。南北10キロメートル余、東西最大約4キロメートルで、但馬(たじま)ではもっとも広い沖積低地である。かつては出石付近まで海が入り込み、その後、円山川、出石川の堆積(たいせき)作用で盆地が形成された。氾濫(はんらん)原は、大正から昭和にかけて円山川改修工事が行われるまで、水害の常襲地帯であった。改修後は耕地整理が進み、豊かな農地となった。[大槻 守]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

豊岡盆地の関連キーワード兵庫県立コウノトリの郷公園バードウオッチングエコミュージアム兵庫県豊岡市コウノトリ豊岡(市)豊岡[市]先史時代市街地大槻堆積

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豊岡盆地の関連情報