コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乱れ みだれturbulence

翻訳|turbulence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乱れ
みだれ
turbulence

流体の流れにおいて,速度や圧力などが不規則に変動することをいう。乱れを含む流れを乱流という。レイノルズ数がきわめて大きい流れは,たいていの場合に乱流である。乱れは不規則であるから,個々の乱れではなく,その集団の統計法則を研究する場合がある。これを乱れの統計理論,または統計流体力学という。この理論のおもな結果としては,A. N.コルモゴロフエネルギースペクトル E(k)∝k-5/3 ( k は波数) が有名である。コルモゴロフのスペクトルは海流の乱れなど,レイノルズ数のきわめて大きい乱れについて成り立つことが知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みだれ【乱れ/×紊れ】


まとまっていないこと。整っていないこと。「裾の―をなおす」「電波の―」
秩序などが崩れること。「世の中の―」
心が平静さを失って混乱すること。「心の―を静める」
舞事(まいごと)の一。笛を主に、大鼓・小鼓・太鼓ではやす緩急の変化の激しい舞。「猩々(しょうじょう)」と「鷺(さぎ)」にあるが、曲も型も異なる。
歌舞伎下座音楽の一。太鼓と能管による鳴り物時代物の御殿の場で、局(つぼね)や姫などの女方の出入りに用いる。乱れの鳴り物。
乱れ焼き」の略。
天候が悪くなること。
「頭さし出づべくもあらぬ空の―に」〈・明石〉
《近世上方語》乞食(こじき)のこと。
「ええ、―めが言ふやうなことぬかしけつかる」〈滑・膝栗毛・六〉
箏曲(そうきょく)。「乱輪舌(みだれりんぜつ)」の略称。純器楽曲の段物の一つで、八橋検校(やつはしけんぎょう)作曲と伝える。各段の拍数が不規則。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みだれ【乱れ】

〔動詞「乱れる」の連用形から〕
物が整えられていないこと。 「髪の-」 「フォームの-」
心が動揺すること。煩悶。興奮。 「わが心の-に任せて/源氏 宿木
世の中の秩序や道理が守られないこと。 「代の-もなかりしに/平家 1
あらし。暴風雨。 「頭さし出づべくもあらぬ空の-に/源氏 明石
「乱れ焼き」の略。
〔上方語〕 乞食。 「 -めがいふやうな事ぬかしけつかる/滑稽本・膝栗毛 6
能の舞。
「猩々しようじよう」の特殊演出の際に演じられる舞。酔態を表す。猩々乱しようじようみだれ
「鷺さぎ」にある特殊な舞。放された鳥の歓喜を表す。
箏曲の一。「乱輪舌みだれりんぜつ」の通称。八橋検校作曲。歌のない器楽曲で、段物に属するが、各段の拍子数が一定しない点で例外的存在。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報