コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地雨 ジアメ

デジタル大辞泉の解説

じ‐あめ〔ヂ‐〕【地雨】

一定の強さで長く降りつづく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じあめ【地雨】

しとしとと一様な降り方で何時間も続いて降る雨のことで,しゅう雨に対する言葉。たとえば梅雨のように日本の南岸沿いに前線が東西に停滞するような気圧配置のとき,その前線付近の層状の雲より降る。【内田 英治】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じあめ【地雨】

同じような強さで長く降り続く雨。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の地雨の言及

【雨】より

…(1)降雨の状態による名称 (a)霖雨(りんう) いく日にもわたって降ったりやんだりする一連の雨。(b)地雨(じあめ) しとしとと続いてなん時間も降る雨。(c)強雨 短時間に多量に降る雨。…

※「地雨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

地雨の関連キーワードシンハラジャ森林保護区ビズマーク[諸島]マヌス[島]陽性梅雨乱層雲一定気団驟雨

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android