コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五和[町] いつわ

2件 の用語解説(五和[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

五和[町]【いつわ】

熊本県天草郡,天草下島北部を占める旧町。早崎瀬戸に面する中心集落御領(ごりょう)では伝統的な木造船業が盛んで,二江(ふたえ)ではもぐり漁業が行われる。建築用石材の間知石(けんちいし)加工,造船業も行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いつわ【五和[町]】

熊本県天草郡,天草下島北東部の町。1955年二江(ふたえ)町と御領,鬼池,手野,城河原の4村が合体,改称。人口1万1386(1995)。緩傾斜の丘陵,山麓地が広がり,内野川,鬼池川,貝津川などの河口部や流域に集落が形成されている。北東部の鬼池港は長崎県島原半島と相対しており,口之津港との間にフェリーが通じ古くから天草の北の玄関であった。農業はミカン,ビワ,米,タバコ,畜産を主とする。漁業はタイ,ウニなどの産地として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

五和[町]の関連キーワード天草天草石天草諸島天草灘天草版牛深本渡上天草天草砥天草いるかワールド

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone