今めかしい(読み)イマメカシイ

デジタル大辞泉の解説

いま‐めかし・い【今めかしい】

[形][文]いまめか・し[シク]《動詞「いまめく」の形容詞化》
現代的でしゃれている。現代風である。
「明治二十年代でも―・い洋服を着ていたのであろう」〈芥川点鬼簿
にぎやかだ。
「女官ども内侍ども参りつつ、―・しう人騒がしきに」〈・真木柱〉
軽薄だ。きざっぽい。
「心にくく奥まりたるけはひは立ちおくれ―・しき事を好みたるわたりにて」〈・花宴〉
わざとらしい。
「これは―・しき御諚にて候」〈謡・夜討曽我
[派生]いまめかしげ[形動]いまめかしさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いまめかしい【今めかしい】

( 形 ) [文] シク いまめか・し
当世風だ。現代風である。 「今度は-・い唄をお花がうたつて/風流懺法 虚子
はなやかである。派手である。 「世の中-・しき事なく静かなり/源氏 賢木
わざとらしい。いまさらめいている。 「 - ・しき申事にて候へども/平家 3
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いま‐めかし・い【今めかしい】

〘形口〙 いまめかし 〘形シク〙 (動詞「いまめく」の形容詞化したもの)
① 当世風でりっぱだ。現代風でしゃれている。
※宇津保(970‐999頃)楼上下「御いらへ、いまめかしからず心はづかしき程にきこえ給ふ」
② 現代風で、はなやかである。にぎわわし。陽気である。
※蜻蛉(974頃)上「下仕(しもづかへ)、手振(てふり)などが具しいけば、いろふしにいでたらむ心ちして、いまめかし」
③ 現代風で軽薄である。はなやか過ぎて感心しない。きざっぽい。
※源氏(1001‐14頃)花宴「心にくく奥まりたるけはひ立ちおくれ、いまめかしき事を好みたるわたりにて」
④ いまさらめいている。わざとらしい。改まっていて変である。
※平家(13C前)三「いまめかしき申事にて候へ共、七代までは此一門をば、いかでか捨させ給ふべき」
[語誌]「古代なり」「古めかし」などと対義的であり、「当世風である」「目新しい」などの時間的側面と、「はなやかである」「にぎやかである」などの価値評価の強い側面との両面を語義として持っている。「源氏物語」ではこの両義性を生かして、場面・状況によって巧みに使い分けているが、中世になると浅薄な面が強調されるようになる。
いまめかし‐げ
〘形動〙
いまめかし‐さ
〘名〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる