コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊香保[町] いかほ

百科事典マイペディアの解説

伊香保[町]【いかほ】

群馬県中部,榛名(はるな)山東斜面を占める北群馬郡の旧町。中心は伊香保温泉(硫酸塩泉,42〜52℃)の温泉街で,急斜面に階段状に旅館や商店が密集する特異な町並みを呈する。
→関連項目群馬[県]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いかほ【伊香保[町]】

群馬県中央部,北群馬郡の町。人口4555(1995)。榛名山北東斜面にあり,川市の西に接する。伊香保温泉をもつ観光休養地で,就業人口の大半はサービス業従事者で占められる。伊香保の地名は古くから知られ,《万葉集》に伊香保呂・伊香保嶺(榛名山),伊香保沼(榛名湖)などと見える。温泉の発見は2000年前と伝えられるが,本格的な開発は明治後期の上越線の開通以後である。温泉街は上野国三宮として知られる伊香保神社に通じる標高700~800mの急傾斜地にあり,旅館やみやげ物店が300段余の石段の両側に立ち並んでいる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android