関東十八檀林(読み)かんとうじゅうはちだんりん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関東十八檀林
かんとうじゅうはちだんりん

浄土宗の学苑のことで,増上寺 12世存誉上人が徳川家康と協議して浄土宗の学苑として定めたところ。 18の数は,阿弥陀如来の第十八願に基づいて定められたといわれる。増上寺,伝通院,霊厳寺,霊山寺幡随院光明寺常福寺大光院など 18ヵ寺。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんとう‐じゅうはちだんりん〔クワントウジフハチダンリン〕【関東十八檀林】

江戸幕府が定めた、関東における浄土宗の僧の学問所としての18の寺院。阿弥陀仏の第十八願にちなむといわれる。増上寺・霊山寺・伝通院幡随院霊巌寺光明寺・勝願寺・蓮馨寺・大善寺・浄国寺・常福寺大念寺弘経寺飯沼)・東漸寺大巌寺・弘経寺(結城)・善導寺大光院十八檀林

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かんとうじゅうはちだんりん【関東十八檀林】

江戸時代に制定された浄土宗僧侶育成のための学問所18ヵ寺の称。古くは学問所を談所,談義所,談林といった。栴檀(せんだん)林の略称である檀林を称するようになったのは,〈伊欄の悪木といえども,栴檀林の近くに生えれば,その香に染まる〉というたとえから,学僧が正しく訓育される学舎という意味からである。檀林は他宗にも設けられた。18の数は増上寺12世存応(ぞんのう)が徳川家康とはかり弥陀の十八願に擬して松平十八公の盛運を祈らしめたことによると伝えられ,その成立は1602年(慶長7)あるいは15年(元和1)といわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かんとう‐じゅうはちだんりん クヮントウジフハチダンリン【関東十八檀林】

関東における浄土宗の一八か所の談義所。宗徒宗義を講義する道場であったが、後に僧侶の養成機関を意味するようになった。初め徳川家康が、阿彌陀如来の第十八願に擬し、松平家十八公の繁栄を祈願して建立したという。増上寺、伝通院、光明寺、常福寺、大光院、飯沼の弘経寺、霊巖寺、幡随院、霊山寺、蓮馨寺、勝願寺、大善寺、浄国寺、大巖寺、結城の弘経寺、東漸寺、善導寺、大念寺の一八寺。十八檀(談)林。田舎檀林。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android