佐々木 惣一(読み)ササキ ソウイチ

20世紀日本人名事典の解説

佐々木 惣一
ササキ ソウイチ

明治〜昭和期の憲法学者,行政法学者 京都大学名誉教授;元・立命館大学学長;元・貴院議員。



生年
明治11(1878)年3月28日

没年
昭和40(1965)年8月4日

出生地
鳥取県鳥取市

別名
俳号=笹舟

学歴〔年〕
京都帝大法科大学〔明治36年〕卒

学位〔年〕
法学博士

主な受賞名〔年〕
文化勲章〔昭和27年〕,京都市名誉市民

経歴
京大講師、助教授を経て大正2年教授。憲法、行政法を担当。昭和8年滝川幸辰教授の刑法思想をめぐる政府弾圧(滝川事件)に抗議して同僚とともに職を辞し、大学の自治を守った。また9年の東大森戸辰男筆禍事件では、特別弁護人として学問研究の自由を説き森戸を擁護した。立命館大学に移って、9〜11年学長を務めた後は、公法雑誌の編集と執筆に当たったが、20年内大臣府御用掛として近衛文麿とともに帝国憲法改正考査に携った。21年貴族院議員に勅選され、新憲法審議に参加。22〜23年和辻哲郎と国体論争を展開した。27年文化勲章受章。初の京都市名誉市民。著書に「日本国憲法論」「天皇の国家的象徴性」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

佐々木 惣一 (ささき そういち)

生年月日:1878年3月28日
明治時代-昭和時代の法学者。京都大学教授;立命館大学学長;元・貴院議員
1965年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐々木 惣一の関連情報