コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修身教育 しゅうしんきょういく

百科事典マイペディアの解説

修身教育【しゅうしんきょういく】

第2次大戦前,近代日本の小・中学校で修身科を中心として行われた道徳教育忠孝仁義など儒教的道徳に立つ修身科が1880年小学校に設けられ,1890年教育勅語の発布により忠君愛国を軸とする家族国家観がその理念とされた。
→関連項目政治教育

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうしんきょういく【修身教育】

第2次大戦前,日本の初等・中等教育で教科〈修身〉を中心に行われた道徳教育。修身の語は,《大学》の〈修身斉家治国平天下〉に由来する。1872年(明治5)〈学制〉で修身(小学),修身学(中学)が教科として設置されたが,実際には〈小学教則〉に置かれた修身口授(ぎょうぎのさとし)として授業が行われた。当時は欧米の近代道徳の翻訳,翻案による書物が教科書として使用されることが多く,そのなかには〈人民の自由や権利〉について書かれたものもあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の修身教育の言及

【教化】より

…その際,民衆が守りしたがうべき教説を提示し,さらにはそれを実践した人間像が期待されるものとして示される。教育勅語体制下の学校教育,とくに修身教育はこの役割を負わされていた。教化思想が優勢になるとき,知的認識を育てる教育は,たとえそれが十分に行われていなくても,〈知育偏重〉と称してさらにこれを軽視しようとする動きが強くなる。…

※「修身教育」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

修身教育の関連キーワード石丸 喜世子高山彦九郎墓石丸 梧平国定教科書石川 謙垣内松三丘浅次郎幼学綱要天皇制儒学

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

修身教育の関連情報