倉橋[町](読み)くらはし

百科事典マイペディア「倉橋[町]」の解説

倉橋[町]【くらはし】

広島県安芸(あき)郡,倉橋島南部の旧町。中心の本浦は島の南端にある。段々では野菜,ミカンを栽培。本浦の打瀬(うたせ)網,鹿老渡(かろうと)のボラ網など漁業も盛ん。山地では花コウ岩を採掘。2005年3月安芸郡音戸町,蒲刈町,豊田郡安浦町,豊浜町,町と市へ編入。54.44km2。7774人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「倉橋[町]」の解説

くらはし【倉橋[町]】

広島県安芸郡,倉橋島南半分と,南方鹿島(有人島),および九つの無人島からなる。人口8363(1995)。花コウ岩質の山地が起伏し,湾曲する海岸線のわずかな平地集落が散在する。古くから瀬戸内海航路の要地で,江戸末期までは造船の町として栄えた。急傾斜地を階段状に切り開いた棚田や畑は,近年ミカン畑への転換が進み,県内有数のミカン産地となっている。漁業は養殖漁業,観光漁業に移行しており,カキ養殖,タイ釣りなどが中心である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android