コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児島惟謙 こじまいけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

児島惟謙
こじまいけん

[生]天保8(1837).2.1. 伊予宇和島
[没]1908.7.1. 東京
明治期の裁判官。各地の裁判所長歴任後,1891年大審院長に就任。大津事件では,内閣元老圧力を排して,津田に通常人に対する謀殺未遂の条文を適用すべきことを強調司法権の独立を守った護法の神とうたわれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

児島惟謙【こじまいけん】

明治期の裁判官。伊予(いよ)宇和島の出身。1871年司法官,1891年大審院長となり,同年大津事件を処理して,司法権の独立に尽力した。しかし,彼の法意識は〈人権擁護〉よりは〈国権主義〉に基づいていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児島惟謙 こじま-これかた

こじま-いけん

児島惟謙 こじま-いけん

1837-1908 明治時代の司法官。
天保(てんぽう)8年2月1日生まれ。名古屋裁判所長などをへて明治24年大審院長となる。同年ロシア皇太子ニコライ2世がきりつけられた大津事件で,犯人津田三蔵死刑を要求する政府に対し,条文にない刑罰は適用できないとして司法権の独立をまもった。27年貴族院議員。31年衆議院議員(当選2回,憲政本党)。明治41年7月1日死去。72歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。本姓は金子。名は「これかた」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

児島惟謙

没年:明治41.7.1(1908)
生年:天保8.2.1(1837.3.7)
明治期の司法官。伊予国宇和島城堀端(宇和島市)で,宇和島藩士金子惟彬,直子の次男に生まれた。幼名は雅次郎,五郎兵衛または謙蔵。雅号は天赦または有終。のちに児島惟謙と名乗った。幕末には尊王倒幕の思想を抱いて3度にわたり脱藩し,長崎では坂本竜馬らと交わって倒幕運動に参加。戊辰戦争にも従軍した。明治2(1869)年3月新潟県御用掛を振り出しに,品川県少参事などを経て4年12月新設の司法省に7等出仕として入り,以後司法官の道を歩む。8年5月には福島上等裁判所勤務となったが,このとき担当した旧庄内藩における年貢米徴収に関する紛争(鶴ケ岡事件)では,脅迫に屈せず果敢に裁判を進行し名声を高めた。その後,名古屋裁判所長,大審院民事乙局長,長崎控訴裁判所長と累進し,16年10月には大阪控訴裁判所長(19年5月控訴院に改組)に就任した。 大阪在任中の児島は,自由党大阪事件で大井憲太郎ら関係者に爆発物取締罰則の適用を強く希望する政府の介入排除に努めたことで知られているが,その名声を不動なものにしたのは,大審院長就任直後に起きた大津事件(1891)の裁判であろう。5月,来日中のロシア皇太子が警護の巡査津田三蔵に傷つけられたことで,わが国と軍事大国ロシアとの関係悪化を恐れた政府は,刑法中の「皇室ニ対スル罪」を適用して津田を死刑にすることを望んだ。これに対して児島は普通人に対する謀殺未遂罪の適用を主張。政府による裁判干渉を退け「司法権の独立」を守ったとされる。しかし,事前に青木外相と駐日ロシア公使との間で,万一の場合「皇室ニ対スル罪」適用を約束していた事実にも留意しなければ,裁判の公正な評価は下せないだろう。翌年児島は弄花(花札賭博)事件の責任を問われて院長を辞任した。のちに,衆院議員や貴族院議員として政界に進出したが,特に目立つ活躍はしていない。<著作>『大津事件日誌』<参考文献>沼波瓊音『護法の神児島惟謙』,田岡良一『大津事件の再評価』

(楠精一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こじまいけん【児島惟謙】

1837‐1908(天保8‐明治41)
明治時代の裁判官。伊予国宇和島の出身。1871年(明治4)司法官となり,累進して91年大審院長に就任直後,大津事件に際会した。青木外相のロシア公使に対する事前の約束にしばられた政府は,犯人津田三蔵に皇族に関する刑法規定を準用して死刑とするよう要請したが,児島は外国皇族に関する規定がない以上通常謀殺未遂の罪をあてるよう担当裁判官を説得,無期徒刑を判決させた。彼はこれにより〈護法の神〉と称せられたが,その法意識は人権擁護よりも国権主義にもとづいていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こじまいけん【児島惟謙】

1837~1908) 明治時代の裁判官。宇和島藩出身。大審院長の時ロシア皇太子ニコライが襲われた大津事件の裁判にあたり、犯人津田三蔵の死刑を要求する政府の圧力をしりぞけて無期徒刑とし、司法権の独立を守った。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

児島惟謙
こじまいけん
(1837―1908)

明治時代の裁判官。「こじまこれかた」とも読む。大津事件(湖南事件)当時の大審院長(現在の最高裁判所長官)で、政府の干渉から司法権の独立を守った。天保(てんぽう)8年2月1日、伊予国(愛媛県)宇和島の貧しい士族金子惟彬の次子として生まれる。のち姓を緒方(おがた)、さらに児島と改める。幕末に脱藩して坂本龍馬(さかもとりょうま)らと国事に奔走し、維新後1871年(明治4)より司法省に勤め、裁判官となる。1891年5月、大審院長に任命されて6日後に、滋賀県大津で、巡査津田三蔵(つださんぞう)が来遊中のロシア皇太子ニコライ(後のニコライ2世)に傷害を加えた事件が起こった。時の政府(松方正義(まつかたまさよし)内閣)は、これを口実にロシアが日本に干渉することを恐れて、津田を死刑にしようとしたが、児島は法律の条文にない刑罰を科することはできない(旧刑法112条・116条、2条――罪刑法定主義)として、政府と争い、無期徒刑(現在の無期懲役)の刑を宣告した。この事件は、司法権の独立の先例として知られ、児島は「護法の神」とたたえられた。翌1892年、裁判官たちが花札賭博(とばく)をした事件(司法官弄花(ろうか)事件)の責任をとって辞任し、その後貴族院議員、衆議院議員を務めた。明治41年7月1日死去。[長尾龍一]
『田畑忍著『児島惟謙』(1961・吉川弘文館) ▽児島惟謙著、家永三郎編『大津事件日誌』(平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の児島惟謙の言及

【大津事件】より

…そこでこの国際的な約束にしばられた政府は,犯人に刑法116条の天皇,三后,皇太子への危害の条文による死刑を司法部に求めたほか,伊藤博文は戒厳令を考え,青木外相は同条を外国皇族にも適用する緊急勅令を提案したが,いずれも実行にいたらなかった。大審院長児島惟謙は,青木・シェービチ協定の存在を政府から知らされたが,刑法116条でなく通常謀殺未遂を適用するよう,大津地方裁判所で開廷した大審院特別法廷の担当判事を説得した。この結果5月27日大審院は津田に無期徒刑の判決を宣告した。…

※「児島惟謙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

児島惟謙の関連キーワード愛媛県宇和島市堀端町わっぱ騒動児島正一郎名村泰蔵沼波瓊音松岡康毅高野孟矩田畑 忍

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

児島惟謙の関連情報