コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入漁権 にゅうぎょけんfishery rights

6件 の用語解説(入漁権の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

入漁権
にゅうぎょけん
fishery rights

漁業法による漁業権者との契約に基づいて漁業を営むことのできる権利。他の漁業協同組合がもっている共同漁業権区画漁業権の漁場で,その内容となっている漁業の一部または全部を営む権利のこと。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にゅうぎょ‐けん〔ニフギヨ‐〕【入漁権】

他人の共同漁業権または特定の区画漁業権に属する漁場で漁業を営む権利。漁業権者との契約によって設定される。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

入漁権【にゅうぎょけん】

漁業法により漁業権者との契約に基づき,その有する共同漁業権または特定の区画漁業権に関する漁場で,その漁業権の内容たる漁業の全部または一部を営む権利。漁業協同組合およびその連合会だけが取得でき,漁業権と同じく物権とみなされるが,漁業権者の同意なしに譲渡することはできない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にゅうぎょけん【入漁権】

契約に基づいて,他人の漁業権に属する漁場において,その漁業権の内容とされている漁業の全部または一部を営む権利(漁業法7条)。入漁権は,漁業権のように行政庁の免許という行政行為によって発生する権利ではなく,漁業権者と入漁を希望する者との間の私的契約によって発生する権利である。入漁権を取得できるのは,漁業協同組合およびその連合会に限定されており(42条の2),漁業権の種類も共同漁業権または特定区画漁業権の組合管理漁業権に限られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

にゅうぎょけん【入漁権】

漁業権者との契約に基づいて、その者の有する共同漁業権や特定の区画漁業権に属する漁場において漁業を営む権利。慣習によるものは認められず、契約によって設定される物権。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

入漁権
にゅうぎょけん

漁業権者との契約に基づいて、共同漁業権または特定の区画漁業権に属する漁場において、その漁業権の内容である漁業の全部または一部を営む権利(漁業法第7条)。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone