コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入間[市] いるま

百科事典マイペディアの解説

入間[市]【いるま】

埼玉県南部,武蔵野台地の一部を占める市。1966年市制。扇町屋仏子(ぶし)などに市街が発達,西武池袋線八高線,国道16号線が通じ,1996年3月首都圏中央連絡自動車道が開通,東京への通勤圏に含まれ宅地化が著しい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いるま【入間[市]】

埼玉県南部の市。1956年豊岡町ほか1町3村が合体して武蔵町となり,66年市制,改称。人口14万4402(1989)。中心街の扇町屋は中世に市が立ち,近世には青梅から日光へ向かう脇往還の宿場町であった。市域は武蔵野台地の北西部と加治丘陵にまたがり,付近一帯は明治以降盛んになった狭山茶の特産地で,下谷ヶ貫(しもやがぬき)には県立茶業試験場がある。また首都近郊地としての特性を生かし,県下最大の養豚地帯ともなっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android