コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入間[市] いるま

百科事典マイペディアの解説

入間[市]【いるま】

埼玉県南部,武蔵野台地の一部を占める市。1966年市制。扇町屋仏子(ぶし)などに市街が発達,西武池袋線八高線,国道16号線が通じ,1996年3月首都圏中央連絡自動車道が開通,東京への通勤圏に含まれ宅地化が著しい。レースなどの紡織セメント瓦醸造などの地場産業のほか,電気機器など多様な小規模工場が多い。狭山茶の特産地で,生産量,栽培面積とも県内一である。第2次大戦後,旧陸軍航空士官学校跡地は米軍のジョンソン基地となった後返還され,航空自衛隊入間基地,公園などとなった。北部の高倉に高倉寺観音堂がある。44.69km2。14万9872人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いるま【入間[市]】

埼玉県南部の市。1956年豊岡町ほか1町3村が合体して武蔵町となり,66年市制,改称。人口14万4402(1989)。中心街の扇町屋は中世に市が立ち,近世には青梅から日光へ向かう脇往還の宿場町であった。市域は武蔵野台地の北西部と加治丘陵にまたがり,付近一帯は明治以降盛んになった狭山茶の特産地で,下谷ヶ貫(しもやがぬき)には県立茶業試験場がある。また首都近郊地としての特性を生かし,県下最大の養豚地帯ともなっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android