入間・入勘(読み)にゅうかん

精選版 日本国語大辞典「入間・入勘」の解説

にゅう‐かん ニフ‥【入間・入勘】

〘名〙
① 地所の境界。地ざかい。〔文明本節用集(室町中)〕
② 土地に立入り、調査を行なうこと。
※東洋文庫所蔵民経記寛喜三年四月巻裏文書‐文治三年(1187)一〇月一七日・後白河院庁下文案「可止国衙入勘之由、被宣旨之後」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android