八千代獅子(読み)やちよじし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地歌箏曲曲名。本来尺八の曲を胡弓移し,さらに三弦に移したものにの手をつけたもの。現在では三曲合奏でも演奏する。獅子物の一つで,三弦曲としての原曲の成立は貞享年間 (1684~88) 以前にさかのぼりうる。地歌としては,寛延年間 (1748~51) 以前に政島検校の胡弓化と藤永検校の三弦化が行われたらしく,園原勾当前後に歌を作り,当初は長歌物とされていたが,手事部が3段あって,少くとも寛政1 (89) 年以降は手事物として扱われ,他の獅子物とともに代表曲となる。本調子であるが,当初から国山勾当によって三下りの替手がつけられている。また「井戸替八千代」といって手事部に歌詞をつけることも行われた。異曲の『万歳獅子』を合奏させ,「打合せ」の代表曲でもある。箏の手は,地域,流派によって異なるが,関西では平調子,山田流では雲井調子のものが普通。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

地歌・箏曲(そうきょく)。本来は尺八の曲であったものを、政島検校が胡弓(こきゅう)に移し、さらに藤永検校が三味線に編曲したもの。園原勾当作詞と伝える。三段からなる手事(てごと)が中心で、歌舞伎下座音楽にも用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

地歌の曲名。原曲は尺八のために作られたものであるが,政島検校が胡弓化し,さらに初世藤永検校が三弦に移したといわれる。箏の手付は地域・流派によってさまざま。手事物に属する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

地歌の曲名。初世藤永検校(1757年登官)作曲,本調子の手事物・獅子物。《歌系図》によれば,原曲は政島検校が弓八曲から移した胡弓曲であったものを,藤永が三味線に移曲したという。寛延4年(1751)版《糸のしらべ》に初出。1685年(貞享2)刊《大ぬさ》にある《獅子踊》のの《八千代》が原曲と思われる。国山勾当(こうとう)の替手もある。作詞は園原勾当。拍数の同じ《万歳(ばんぜい)獅子》と打合せ(同時演奏)ができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

地歌・箏曲の一。園原勾当作詞。もと尺八曲で、胡弓曲を経て藤永検校が三味線に編曲してから好まれ、箏にも編曲された。平易で弾き映えする三段の手事が中心。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地歌(じうた)、箏曲(そうきょく)の曲名。本来は尺八曲のものを、政島検校(まさじまけんぎょう)が胡弓(こきゅう)曲に編曲し、さらに藤島検校(野川流地歌の人。18世紀なかばに活躍)が三味線曲に編曲したといわれる。前後にある短い歌詞は松と雪を歌っており、一部に「世々は幾千代八千代ふる」とあることと、尺八本曲の「獅子」を三段の手事(てごと)(中間部の楽器のみの部分)に取り入れたことから、この曲名がついている。他の「獅子物」と異なり、初心者でも習うことを許され、手事の部分は『船弁慶』や『若菜摘(わかなつみ)』などの長唄(ながうた)とか、歌舞伎(かぶき)の下座(げざ)音楽では『加賀見山旧錦絵(かがみやまこきょうのにしきえ)』の「奥庭の場」や『助六』の立回りにも「八千代獅子合方(あいかた)くずし」として古風な趣(おもむき)で用いられている。[茂手木潔子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

地唄。箏曲。藤永検校作曲。獅子の狂いを表現した三段の手事(てごと)が中心。平易で有名な曲。もとは尺八曲で、胡弓(こきゅう)や三味線の曲に移され、さらに箏曲になった。古くから下座音楽にも利用されている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android