コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公民科 こうみんか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公民科
こうみんか

第2次世界大戦前における中等学校教科目。国または地域社会の構成員として,社会生活に必要な知識や資質の育成を目指す学科。政策的には,1920年「法制上ノ知識其ノ他,国民公民トシテ心得ベキ事項ヲ授ケ,又経済観念ノ養成ニ力」めるために実業補習学校に適当な学科目を設けることを定めたのが最初で,24年にはその教授要綱と教授要旨を定めた。また 29年の文政審議会答申に基づき,30~32年に中等諸学校と師範学校にも,「法制及経済」に代って公民科が設けられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こうみんか【公民科】

一九三〇(昭和五)~32年に実業学校・師範学校・中等学校にあった教科。
1989年(平成1)設置された高校の教科。現代社会・政治経済・倫理の三科目で構成。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

公民科
こうみんか

1989年(平成1)3月告示の高等学校学習指導要領改訂によって、地理歴史科地歴科)とともに高等学校に設けられた新しい教科。公民科は、(1)広い視野(多角的、多面的な見方、考え方や国際的な視野など)をもたせ、(2)現代の社会についての理解を深めさせるとともに、人間としてのあり方、生き方について自覚させることにより、(3)民主的、平和的な国家、社会の有為な形成者として必要な公民的資質を養うことを目標としている。
 この教科は、青年期の課題、環境と人間生活とのかかわりを取り上げる現代社会(4単位)、倫理(2単位)、各国の政治の比較、世界と日本の経済面での結びつきなどを教える政治・経済(2単位)の3科目で構成され、それら3科目はいずれも選択科目であり、従来は必修科目であった現代社会も選択となった。公民科と地理歴史科とは、それぞれの教科の垣根を高くして割拠するのではなく、両教科が相携えて、生徒の科学的社会認識と公民的資質を育成することが期されている。[永井滋郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の公民科の言及

【公民教育】より

…フランスの絶対王政下でラ・シャロテーが宗教的権力から国家へ教育権を移そうとし,市民性の教育を主張しても,その実現は市民革命をまたなくてはならなかった。 日本で公民教育が本格的にとりあげられるのは,1927年の普通選挙法による総選挙実施のころからであり,31年〈公民科〉が中学校に設置されてからである。ただしそれ以前の1890年から,実業補習学校において職業教育に付随して〈公民トシテ心得ヘキ事項〉を教えようとする公民教育への意向がみられる。…

※「公民科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

公民科の関連キーワードナチス/ナチ党綱領25か条公共(仮称)koppyWエンジンえとう窓口教科書裁判環境教育道徳教育学校保健実業学校現代社会地理教育ヤスヒロ青年学校社会科倫理

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公民科の関連情報