出囃子(でばやし)(読み)でばやし

知恵蔵の解説

出囃子(でばやし)

演者のテーマ音。高座への出に使われ、二つ目以上に許される。落語通はこれを聞いただけで誰かを知る。もとは京・大坂の寄席の習わしで、大正末期に東京に持ち込まれた。歌舞伎の下座(げざ)音楽や清元、新内、長唄の節から流用したものが多い。桂春団治、桂文楽の「野崎」、古今亭志ん生「一丁入り」、三遊亭圓生「正札付き」、柳家小さん序の舞」、古今亭志ん朝「老松(おいまつ)」などは特に有名。現役では柳家小三治「二上がり鞨鼓(かつこ)」、三遊亭円楽「元禄花見踊」、立川談志「木賊(とくさ)刈」。前座の出囃子は東京が「越後獅子」、大阪が「石段」に統一。

(太田博 演劇・演芸評論家 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出囃子(でばやし)の関連情報