コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分析法学 ぶんせきほうがくanalytical jurisprudence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分析法学
ぶんせきほうがく
analytical jurisprudence

実定法の特質,法律上の諸概念などを価値判断を交えずに分析的に解明する法学法実証主義のイギリス的形態を代表するものである。 19世紀後半のドイツのパンデクテン法学および J.ベンサムの功利主義法思想を吸収した J.オースティンによって確立されたが,当初は人々に顧みられず,イギリスの歴史法学者 H.メーンによって評価され,イギリス法学界の伝統となるにいたった。オースティン以後は S.ポロック,S.サーモンドらによって多少の修正を受けながらも,その基本的傾向は継承された。アメリカにおける W.ホーフェルド,H.テリーなどの法理論にはその影響がみられる。道徳,自然法から明確に区別された「固有の意味での法」つまり実定法のみを対象とし,法は主権者の命令であるという命令説を前提にして,権利,義務,自由,損害,刑罰などの概念の分析およびそれらの諸概念相互の関係の説明,成文法と不文法の区分,所有権と制限物権との区分,不法行為と犯罪との区分などがその主たる理論として展開されている。実定法の基本概念の分析または説明が主題であるという点では,19世紀後半のドイツの一般法学に類似し,またその分析的方法は H.ケルゼンの純粋法学にも似ている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんせきほうがく【分析法学 analytical jurisprudence】

19世紀のイギリスにおいて,J.ベンサムの理論を受け継いだJ.オースティンによって提唱された法学理論。オースティンによれば,法学の対象である実定法は,それぞれの社会において,独自の体系をなして存在しているが,それぞれの特殊性にもかかわらず,とくに文化の進んだ社会相互間ではそれぞれの法体系に共通する諸原理,諸概念,諸区分が存する。分析法学(オースティン自らは一般法学general jurisprudenceと呼んでいる)は,成熟した法体系に共通する諸原理,諸概念,諸区分を客観的に分析する学問として創設されたものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分析法学
ぶんせきほうがく
analytical jurisprudence

広義には法概念の分析を通じて法学の基本問題を解明しようとする学問をよぶが、通常は狭義の、ジョン・オースティンに代表されるイギリスの法学上の学派をさす。オースティンは、従来の法学が概念的混乱に満ちているとして、ドイツ法学の影響下で、法概念の整理を試みた。彼は法を主権者の命令であるとし、法と道徳を区別して、さまざまな法律上の概念をこの法定義との関連で定義した。彼の影響下で、多くの法学者がその方向を発展させ、明治時代に東京大学で英法を講じたヘンリ・テリーなどもその一人に数えられる。現在では、言語哲学との関連で法概念を分析するH・L・A・ハートなどがその代表である。[長尾龍一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

分析法学の関連キーワードメーン(Sir Henry James Sumner Maine)オースティン(John Austin)W.W. ウィロビー法哲学(学問分野)法理学

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android