コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

億劫 オクコウ

デジタル大辞泉の解説

おく‐こう〔‐コフ〕【億×劫】

おっこう(億劫)

おっ‐くう〔オククフ〕【億×劫】

[形動][文][ナリ]《「おっこう(億劫)」の音変化》めんどうで気が進まないさま。「ものを言うのも億劫だ」→億劫(おっこう)
[派生]おっくうがる[動ラ五]おっくうさ[名]

おっ‐こう〔オクコフ〕【億×劫】

[名]仏語。一劫の億倍。すなわち、非常に長い時間。永遠。→劫(こう)
[形動]《それをするには長い時間がかかるところから》「おっくう(億劫)」に同じ。
「其の法と言ふは、殊外(ことのほか)―にて、中々むさと授けられぬことなれども」〈洒・当世花街談義〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おくこう【億劫】

おっくう【億劫】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「おっこう(億劫)」の転〕
気乗りがせず、めんどうくさい・こと(さま)。 「考えるのも-だ」
[派生] -が・る ( 動五[四] ) -さ ( 名 )

おっこう【億劫】

[3] ( 名 )
〘仏〙
一劫の一億倍。非常に長い時間。 「八十-の生死の罪を却のぞかむ/往生要集」
非常に多い数。 「無量-の極重の悪業をも除き/往生要集」 → こう
( 形動 ) [文] ナリ 
〔近世江戸語〕 面倒くさいさま。おっくう。 「琴一つごぜ-に廻るなり/柳多留 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

億劫の関連キーワード傲・剛・劫・号・合・囂・壕・強・拷・業・毫・濠・號・豪・轟・郷億・屋・憶・臆今井 慶松気が重い往生要集物憂い気乗り歎異抄弥猛し月曜病派生

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

億劫の関連情報