コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文官任用令 ぶんかんにんようれい

6件 の用語解説(文官任用令の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文官任用令
ぶんかんにんようれい

大正2年勅令 261号。明治憲法下の一般文官の任用資格を定めた法令。最初のものは 1893年 10月に公布され,奏任官については,原則として高等文官試験に合格した者としたが,勅任官については,自由任用制をとっていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶんかん‐にんようれい〔ブンクワン‐〕【文官任用令】

一般文官の任用資格に関する勅令。明治26年(1893)公布。同32年、政党勢力の官界進出を阻止しようとする第二次山県内閣によって改正、自由任用が制限された。大正期の山本内閣は再改正し、再び自由任用の範囲を拡大。第二次大戦後に廃止。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

文官任用令【ぶんかんにんようれい】

旧憲法(帝国憲法)下で文官の官吏任用に関する事項を定めた規定。1893年の令制定により奏任官は文官高等試験(高文)の合格者から任用される原則が確定した。しかし勅任官(ちょくにんかん)は自由任用が認められていたため,1899年には政党政治に伴う猟官の弊害を防ぐ目的で第2次山県有朋内閣により任用令は改正され,勅任官も原則的に資格任用となった。
→関連項目山本権兵衛内閣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんかんにんようれい【文官任用令】

文官の任用資格を定めた規定。1893年第2次伊藤博文内閣文官任用令制定により,奏任官は文官高等試験(高文)の合格者から任用される原則が確立し,帝国大学法科大学卒業生無試験任用の特典が廃止され,官吏任用制度が確立された。しかし,勅任官の自由任用は認められたので,以後文官任用令改正の歴史はおもに自由任用の拡大・縮小を焦点に,政党と官僚との政治的攻防の力学を示すことになる。まず藩閥と政党との提携(第2次伊藤内閣自由党松隈内閣と進歩党)により,勅任官への政党員の登用が増え,最初の政党内閣たる隈板内閣では政党員の猟官が最も活発化した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぶんかんにんようれい【文官任用令】

大日本帝国憲法下で、一般文官の任用資格を定めた勅令。自由任用を廃止し、試験任用の原則を確立した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文官任用令
ぶんかんにんようれい

大日本帝国憲法下で、親任(しんにん)官以外の一般文官の任用資格を定めた勅令。1893年(明治26)10月に公布。すでに1887年7月公布の文官試験試補及見習規則によって官吏の公開選抜制は緒についていたが、任用令は官立学校卒業者無試験任用の従来の特権を廃止して任用の公平化を図るとともに、奏任(そうにん)官・判任(はんにん)官をそれぞれの試験の合格者から任用するという原則を確立した。自由任用であった勅任(ちょくにん)官に対しては、その後政党の猟官要求が激しくなったため、99年第二次山県有朋(やまがたありとも)内閣は、政党勢力の侵入を防ぎ、官僚の上下の厳格な秩序を確保するために、勅任官も一定の有資格者に限る趣旨の改正を行った。大正期に入って、政党の政治への発言力増大に伴い、ふたたび改正が行われ、自由任用の範囲が一部拡大された。第二次世界大戦後にこの勅令は廃止された。[大島美津子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の文官任用令の言及

【官吏】より

…つまり官吏を高等官と判任官とに分け,高等官をさらに勅任官と奏任官とに分け,勅任官の中に親任官が設けられ,親任官を除く高等官全体を9等に分かつ制度であった。第3に1893年文官任用令の制定により,奏任官は文官高等試験(高文)の合格者から任用される原則が確立され,官吏のリクルートの制度化がなされた。第4に1899年第2次山県有朋内閣における文官任用令改正により,勅任官の自由任用は廃止され親任官以外の勅任官は原則として一定の有資格者に限定され,同時に文官分限令制定により文官の身分保障制が確立された。…

【公務員】より


【日本】
 日本の官吏制度は,明治憲法の制定と国会開設に備えて,明治中期より整備されていった。明治憲法下における官吏制度を規定するものは,明治憲法10条の天皇の官制大権と任官大権に基づき議会の協賛を必要としない勅令によって制定された文官任用令,文官分限令,官吏服務紀律等であった。こうして官吏は天皇への忠誠観念によって義務づけられた天皇の使用人であった。…

【公務員試験】より

…すなわち,その前年に設立された帝国大学卒業生には,無試験で奏任官試補に任用される特権を認めていた。しかしやがて国会が開設され,多数を占めた野党からの非難が激しくなるとともに,93年に〈文官任用令〉〈文官試験規則〉が公布され,これ以後,高等試験合格者のみが奏任官に任用されることになった。しかし予備試験の免除と帝国大学教授を中心とする試験委員制,さらに法律知識中心の試験のため,事実上,帝国大学(とくに東京帝国大学)法学部出身者が圧倒的に多く合格した。…

【法制史】より

…なお日清戦争と日露戦争の結果,植民地領有国となった日本は,1896年の〈台湾ニ施行スヘキ法令ニ関スル法律〉および1910年の〈朝鮮ニ施行スヘキ法令ニ関スル件〉により,植民地法制を展開した(植民地法)。統治機構については,山県有朋内閣は,1899年の文官任用令の改正,文官分限令,文官懲戒令の制定,軍部大臣現役武官制の実現により,政党を官僚制から遠ざけ,その独立性を強化した(官吏)。また統治機構を社会関係・階級関係に結びつける機構の法的保障として,1899年の農会法,1900年の産業組合法,1902年の商業会議所法などがある。…

※「文官任用令」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

文官任用令の関連キーワード高等文官試験経過規定高文児童福祉司自由任用特別任用文官分限令メリットシステム直罰規定公務員の再任用制度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone