勝・克・贏(読み)かつ

  • か・つ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘自タ五(四)〙
① 戦って敵を破る。⇔負ける
※書紀(720)神代上(水戸本訓)「正哉(まさにや)(あれ)(カチぬ)
② 優劣を競って、他にすぐれたことを示す。まさる。
※万葉(8C後)一四・三四五〇「乎久佐乎(をくさを)と乎具佐受家乎(をぐさずけを)と潮舟の並べて見れば乎具佐可知(カチ)めり」
③ 獲得する。利益を得る。もうける。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浄瑠璃・神霊矢口渡(1770)四「そいつを元手に、大勝負、勝つ程にける程に、持丸長者とはおれが事」
④ (克) 押えがたい欲求などを努力して押える。心に働く強い力を押える。
※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)一〇「其の事を聞き已りて、悲しび噎(むせ)びに勝(カチ)えず」
⑤ 困難な状況に抗して、それを克服する。特に病気についていう。
※滑稽本・六阿彌陀詣(1811‐13)初「どうして病ひにはかたなんだか」
⑥ その傾向が強い。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「『おれだってもちっとは色気があらうぢゃアねへか』『食気の方が勝(カッ)て居らァ』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android