勝・克・贏(読み)かつ

  • か・つ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘自タ五(四)〙
① 戦って敵を破る。⇔負ける
※書紀(720)神代上(水戸本訓)「正哉(まさにや)(あれ)(カチぬ)
② 優劣を競って、他にすぐれたことを示す。まさる。
※万葉(8C後)一四・三四五〇「乎久佐乎(をくさを)と乎具佐受家乎(をぐさずけを)と潮舟の並べて見れば乎具佐可知(カチ)めり」
③ 獲得する。利益を得る。もうける。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浄瑠璃・神霊矢口渡(1770)四「そいつを元手に、大負、勝つ程にける程に、持丸長者とはおれが事」
④ (克) 押えがたい欲求などを努力して押える。心に働く強い力を押える。
※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)一〇「其の事を聞き已りて、悲しび噎(むせ)びに勝(カチ)えず」
⑤ 困難な状況に抗して、それを克服する。特に病気についていう。
※滑稽本・六阿彌陀詣(1811‐13)初「どうして病ひにはかたなんだか」
⑥ その傾向が強い。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「『おれだってもちっとは色気があらうぢゃアねへか』『食気の方が勝(カッ)て居らァ』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android