コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北国路 ほっこくじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北国路
ほっこくじ

江戸時代,関ヶ原中山道から分れて日本海沿岸を通った陸奥国 (青森県) 三厩までの街道。福井,富山,糸魚川,新潟,村上,酒田本庄久保田 (秋田) ,能代を経由する長距離の街道であったが,北前船 (きたまえぶね) の水運が盛んであったため,交通施設としては,あまり発達しなかった。ほぼ昔の北陸道にあたるが,いわゆる北国街道とは別である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

北国路【ほっこくじ】

近江国の北東部を通って北陸方面に至る近世の脇街道。北国街道・北陸街道ともいう。中山(なかせん)道近江国鳥居本(とりいもと)宿(現滋賀県彦根市)の北で分岐し,米原(まいはら)・長浜・木之本(きのもと)と北上し,栃ノ木峠を越えて越前国に入り,北行して福井城下に至る。
→関連項目吉崎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほっこくじ【北国路】

江戸時代,近江国(滋賀県)の北東部を通って北国へ向かう街道。中山道の鳥居本宿のはずれより分岐して,米原,長浜を経由し木之本へと北上するコースと,中山道の関ヶ原宿で分岐して,伊吹山麓の藤川,春照(すいじよう)(現,坂田郡伊吹町)さらには小谷(おだに)山麓の伊部(いべ)(現,東浅井郡湖北町)を通って北上するコースがある。ふつう前者を北国街道という。また後者は北国脇往還と称し,加賀の前田家をはじめ北陸の大名が参勤交代に多く用いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北国路
ほっこくじ

北陸へ向かう道や北陸の道。古代に都より北陸を結んだ官道の北陸道(ほくりくどう)に対応して、中世以降にも京都と北陸を結ぶ中心道が北陸道となっていた。徳川政権成立により北陸道には1604年(慶長9)に幕府によって一里塚が設置され、また北陸道やその領内の主要街道には沿道の加賀藩・福井藩などにより宿駅や並木などの整備がされたが、北陸道は北国街道(ほっこくかいどう)(北国海道)ともよばれた。この街道は大津から琵琶湖西岸を通り越前の今庄宿(いまじょうしゅく)(現、福井県南越前町)へ向かう間が西近江路(にしおうみじ)、中山道の鳥居本宿(とりいもとしゅく)(現、滋賀県彦根市)から同東岸をへて今庄宿に結ぶ道が東近江路とも呼称される。江戸と北陸を結ぶ北陸路の北国街道は信州の中山道追分宿(おいわけしゅく)(現、長野県軽井沢町)より越後の高田(たかだ)(現、新潟県上越市)経由で出雲崎(いずもざき)(現、新潟県出雲崎町)を結び、またこの高田では北陸道へもつながった。三国峠(みくにとうげ)越えで江戸と越後寺泊(てらどまり)(現、新潟県長岡市)を結ぶ三国街道も北陸路の重要な街道である。[深井甚三]
『大島延次郎著『日本の路』(1955・至文堂) ▽滋賀県教育委員会編『北国街道・北国脇往還』(2003)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の北国路の言及

【越前国】より

…そのほか福井藩五箇(ごか)の奉書や鳥の子紙,福井城下の絹織物,府中の打刃物,鯖江藩の漆器と漆搔き,大野藩の面谷(おもだに)銅山,勝山藩のタバコなどが著名。交通は,陸上で北陸街道(北国路)が北進し,近江国境の栃ノ木峠を越えた板取駅から加賀国境の細呂木(ほそろぎ)駅まで15駅置かれたほか,西街道,美濃街道などが通った。海上では三国,敦賀が古くから港町として栄え,また九頭竜,日野川の川舟も三国と結んで発達した。…

※「北国路」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

北国路の関連キーワード江戸時代紀上太郎中部地方

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android