コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北山[村] きたやま

1件 の用語解説(北山[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きたやま【北山[村]】

和歌山県東端,東牟婁(ひがしむろ)郡の村。人口593(1995)。熊野川上流の北山川北岸に位置し,三重・奈良両県にはさまれた飛地である。村域の大部分が山林で,北山川に沿って大沼を中心とする5集落が点在する。古くから熊野杉の産地で,木材の搬出はすべて北山川をいかだ流ししていたため,熊野川河口の新宮とのつながりが深く,1871年(明治4)牟婁郡が和歌山県と度会(わたらい)県(現,三重県)に分かれた時に飛地のまま和歌山県に編入された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

北山[村]の関連キーワード熊野古座川青岸渡寺那智那智火祭串本烏帽子山牟婁おくとろなち

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone