北山[村](読み)きたやま

世界大百科事典 第2版の解説

きたやま【北山[村]】

和歌山県東端,東牟婁(ひがしむろ)郡の村。人口593(1995)。熊野川上流の北山川北岸に位置し,三重・奈良両県にはさまれた飛地である。村域の大部分山林で,北山川に沿って大沼を中心とする5集落が点在する。古くから熊野杉の産地で,木材の搬出はすべて北山川をいかだ流ししていたため,熊野川河口の新宮とのつながりが深く,1871年(明治4)牟婁郡が和歌山県と度会(わたらい)県(現,三重県)に分かれた時に飛地のまま和歌山県に編入された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android