コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北山十八間戸 きたやまじゅうはちけんこ

2件 の用語解説(北山十八間戸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北山十八間戸
きたやまじゅうはちけんこ

奈良の北山宿 (奈良市川上町坂ノ上) に現存する日本最古の救らい (ハンセン病) 施設。その創設は忍性によると伝えられる。最初のものは永禄 10 (1567) 年に焼失。現在のものはもとの規模,様式に従って再建されたといわれるが,再建の時期は不詳。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイドの解説

きたやまじゅうはちけんど【北山十八間戸】


奈良県奈良市川上町にあるハンセン病などの重病者を保護・救済した福祉施設。京都に抜ける街道の奈良坂に近い丘陵上に所在する。鎌倉時代に活躍した西大寺の僧忍性(にんしょう)の創建とされ、当初は北方にある般若寺の東北にあったが、1567年(永禄10)の三好・松永の乱で焼失したものを寛文年間(1661~73年)に現在地に移し、1693年(元禄6)に修築された。南北に細長い棟割り長屋で、切り妻造りの本瓦葺き。1921年(大正10)に、中・近世における社会事業史を考察するうえで重要とされ、国の史跡に指定された。建物は東西約38mあり、内部は18室に区切られている。1室の広さは2畳ほどで、東端には仏間がある。仏間には一段高く仏壇があり、裏戸には「北山十八間戸」と縦書きの銘が、東側にはもと炊事場があり、南側には庭園と井戸2ヵ所が残されている。ここで衣食住を提供された収容者の数は、延べ1万8000人といわれる。近畿日本鉄道奈良線近鉄奈良駅から奈良交通バス「今在家」下車、徒歩約3分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の北山十八間戸の言及

【忍性】より

…また,東大寺大勧進,四天王寺別当,摂津多田院別当などを兼任,死後菩薩号を贈られた。【細川 涼一】
[医療活動]
 叡尊門にいて奈良西大寺に住していた1240年,常施院,悲田院を設けて病者を収容,83年(弘安6)疫病流行の際には群僧を指揮して救療を行い,日本最初の癩病舎北山十八間戸を建立した。難波四天王寺に悲田院,施薬院,療病院を復興,鎌倉極楽寺を開山し寺域内に救療施設を設け,桑谷(くわがやつ)に広大な療病舎を設け貧病者を救済するなどして,世人より生身の如来,医王如来とあがめられた。…

※「北山十八間戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

北山十八間戸の関連キーワード奈良県奈良市井上町奈良県奈良市押上町奈良県奈良市川上町奈良県奈良市川久保町奈良県奈良市川之上町奈良県奈良市中町奈良県奈良市二名奈良県奈良市般若寺町奈良県奈良市菩提山町奈良県奈良市脇戸町

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北山十八間戸の関連情報