コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北淡[町] ほくだん

百科事典マイペディアの解説

北淡[町]【ほくだん】

兵庫県淡路島北西部,播磨灘(はりまなだ)に臨む津名郡の旧町。野島のビワ,育波(いくは)のブドウなど果樹栽培で知られる。中心の富島(としま)は西海岸随一の漁港で,タイ,タコなどを漁獲。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほくだん【北淡[町]】

兵庫県淡路島北西部,津名郡の町。人口1万0687(1995)。おもに花コウ岩からなる津名丘陵の西斜面を占め,明石海峡播磨灘に面する。北部は特に傾斜が急で棚田が多い。中心集落の富島は淡路島西岸随一の漁港を有し,明石とは定期船で結ばれる。米作,畜産のほか,傾斜地を利用したビワ栽培が盛んで,観光ビワ園もある。漁業はタコなどの沿岸漁業中心から,ノリの養殖などへの転換が進んでいる。南部の伊勢ノ森(516m)は眺望がよく,瀬戸内海国立公園に属する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報