コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十寸見河東(11世) ますみかとう[じゅういっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十寸見河東(11世)
ますみかとう[じゅういっせい]

[生]天保12(1841).江戸
[没]1919.4.11. 東京
河東節の家元。江戸太夫河東ともいう。9世十寸見河東の子。本名伊東秀二郎。4世山彦秀次郎,山彦秀翁。2世山彦文子ら,多くの後進を育てた。没後 11世河東を追贈

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の十寸見河東(11世)の言及

【平岡吟舟】より

…実業家で,三味線音楽の東明節(とうめいぶし)の創始者。本名熙(ひろし)。江戸の生れ。1871年(明治4)アメリカに留学して汽車の車両製造技術を学び,77年に帰国。78年に工部省鉄道局に入り,83年,新橋鉄道局汽車課長に就任する。90年ころから独立して平岡鉄工場を経営し,鉄道車両を製造するなど,鉄道工業の先駆者として活躍した。一方,邦楽を愛好した両親と,母方の伯父である一中節の名人都以中(みやこいつちゆう)の影響で,一中節,謡曲,清元など各種の邦楽曲に精通,河東節の山彦秀翁(11世十寸見(ますみ)河東)を後援するなどの趣味人でもあった。…

※「十寸見河東(11世)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

十寸見河東(11世)の関連キーワード天保の改革ウィリアムHハリソンアストンエルメレンスサージェントファーブル-ブラントブラントンブリンクリープレグランメンデンホール

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android