コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十輪院 じゅうりんいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十輪院
じゅうりんいん

奈良市にある真言宗の寺。創立は明らかでないが,寺伝では霊亀年間 (715~717) に朝野魚養開基という。本堂鎌倉時代中期の建物で,石仏龕 (がん) の礼堂として建てられたもの。床が低く,住宅風のすぐれた意匠仏堂で,国宝

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうりんいん【十輪院】

奈良市十輪院町にある真言宗醍醐派の寺。山号は雨宝山。〈じゅうるいん〉と俗称されることも多い。寺伝では平安初期の医師・書家朝野魚養(うおかい)の開基とするが不詳。もと元興寺の一院で,鎌倉時代には地蔵霊場として知られた。本堂(鎌倉初期,国宝)の背後の石仏龕(重要文化財)には,左右に十王を配した本尊地蔵菩薩立像が彫られ,その前で葬送儀礼を行ったらしい。他に重要文化財の南門(鎌倉初期),木像不動明王(平安後期)なども有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十輪院
じゅうりんいん

奈良市十輪院町にある真言(しんごん)宗醍醐(だいご)派の寺。雨宝山(うほうざん)と号する。本尊は石造地蔵菩薩(ぼさつ)。寺伝では元正(げんしょう)天皇の勅願によって朝野魚養(あさのなかい)が開基と伝え、元興寺(がんごうじ)の子院といわれる。『地蔵十輪経』から名がつけられ、無住法師の『沙石集(しゃせきしゅう)』(1283)第8に、当寺が地蔵信仰の場としていた記述がみられる。江戸時代には寺領50石を賜る。境内には鎌倉時代の本堂(国宝)と南門(国の重要文化財)、室町後期の御影(みえい)堂(県の文化財)などがある。地蔵菩薩を刻んだ石仏龕(せきぶつがん)、木造不動明王および二童子立像は国の重要文化財。また庭園一帯には石彫物や石仏群がみられる。7月23、24日に地蔵会(え)が行われる。[眞柴弘宗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の十輪院の言及

【石仏】より

…京都府石像寺の元仁元年(1224)銘の三尊像は,三尊を1石1体ずつ丸彫に近い高肉彫であらわし,この時代の石仏の傾向をよく示している。他に群馬県不動寺不動明王像(凝灰岩,丸彫)などがあり,大型の石室構造をもつものに奈良市十輪院石仏龕(花コウ岩)がある。またこの時代には東大寺の再建工事に参加した伊行末(いぎようまつ)に代表される宋人石工の活躍があり,伊行末の作品に般若寺十三重石塔初層四方石仏,石仏ではないが参考とすべきものに1196年(建久7)宋人石工字六郎作の東大寺南大門石獅子がある。…

※「十輪院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

十輪院の関連キーワード奈良県奈良市十輪院町東京国立博物館元興寺極楽坊奈良県奈良市中院通秀中院通村中院家康勝道瑜

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十輪院の関連情報