コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南河内[町] みなみかわち

2件 の用語解説(南河内[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

南河内[町]【みなみかわち】

栃木県南部,河内郡の旧町。鬼怒(きぬ)川中流の右岸に位置する。米作のほか,かんぴょう,ホウレンソウの生産が盛ん。都市化が進み,人口増加が著しい。北部の薬師寺には自治医科大学があり,周辺に大規模な住宅団地が造成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みなみかわち【南河内[町]】

栃木県南部,河内郡の町。人口1万9844(1995)。鬼怒川西岸の低地および台地を占める。米とカンピョウを中心とする農業の村であったが,1970年代になって,町の北部に自治医科大学,同付属病院が開設され,南部にも工業団地が造成されて,都市化が進んだ。南部の鬼怒川沿岸では農家の副業として結城紬(ゆうきつむぎ)が生産され,技術保存会もつくられている。奈良時代に日本三戒壇の一つとされた下野薬師寺跡(史)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone