コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南河内[町](読み)みなみかわち

百科事典マイペディアの解説

南河内[町]【みなみかわち】

栃木県南部,河内郡の旧町。鬼怒(きぬ)川中流の右岸に位置する。米作のほか,かんぴょうホウレンソウの生産が盛ん。都市化が進み,人口増加が著しい。北部の薬師寺には自治医科大学があり,周辺に大規模な住宅団地が造成された。2006年1月,下都賀郡石橋町,国分寺町と合併し市制下野市となる。31.35km2。2万1181人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みなみかわち【南河内[町]】

栃木県南部,河内郡の町。人口1万9844(1995)。鬼怒川西岸の低地および台地を占める。米とカンピョウを中心とする農業の村であったが,1970年代になって,町の北部に自治医科大学,同付属病院が開設され,南部にも工業団地が造成されて,都市化が進んだ。南部の鬼怒川沿岸では農家の副業として結城紬(ゆうきつむぎ)が生産され,技術保存会もつくられている。奈良時代に日本三戒壇の一つとされた下野薬師寺跡(史)がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android