下野薬師寺跡(読み)しもつけやくしじあと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下野薬師寺跡
しもつけやくしじあと

栃木県下野市薬師寺にある寺院址。7世紀の建立。奈良時代,日本三戒壇の一つとして設置され,東国仏教界の中心であった。 1921年国の史跡に指定。現在,安国寺の建物があり,付近から奈良時代の古瓦が出土していたが,堂塔の遺構,配置などは推定の域を脱しなかった。 1966~71年に発掘調査が行なわれ,塔跡をはじめ,講堂跡,西回廊跡が検出され,そのほか,南大門跡,中門跡,金堂跡などもほぼ確認されるにいたった。調査に伴い,多数の古瓦類,土師器 (はじき) などのほかに,風鐸も発見されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

下野薬師寺跡【しもつけやくしじあと】

栃木県河内(かわち)郡南河内町(現・下野市)にある奈良時代の寺院跡(史跡指定)。当時その戒壇院は日本三戒壇の一つに数えられ,また道鏡の配流(はいる)地としても名高い。発掘調査の結果,金堂,講堂,中門,東塔などの遺構と思われるものが発見され,伽藍(がらん)配置は大和薬師寺式と推定される。→戒壇

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しもつけやくしじあと【下野薬師寺跡】

栃木県河内郡南河内町薬師寺に7世紀後半に創建された寺院の跡。下野薬師寺は761年(天平宝字5)に戒壇が開基され,東大寺および筑前観世音寺の戒壇と合わせて,天下三戒壇と称されたこと,770年(宝亀1)に道鏡が造下野国薬師寺別当として配流され,772年この地で没したことで,とくに知られている。1965‐71年に行われた発掘調査によって寺域西寄りで,南北中軸線上に南門,中門,金堂,講堂が並び,中門と講堂をつなぐ回廊のなかに,金堂とその背後西寄りに戒壇堂と称する建物跡のある状況が判明した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

国指定史跡ガイドの解説

しもつけやくしじあと【下野薬師寺跡】


栃木県下野市薬師寺にある寺院跡。鬼怒(きぬ)川の支流・田川右岸の台地上に所在する。古代の東国で最高の寺格(天下三戒壇の一つ)をもち、歴史史料から薬師寺僧・行信(ぎょうしん)や道鏡(どうきょう)が配流された寺としても知られることから、1921年(大正10)に国の史跡に指定された。指定地域は、南北が約350m、東西約250mで、北限がやや東下がりになっているが、ほぼ南北に長い矩形(くけい)となっている。1966年(昭和41)からの数十回にわたる発掘調査によって、主要伽藍(がらん)は南大門、中門、金堂、講堂が南北に並び、回廊が中門と講堂を結び、東塔も存在する奈良の薬師寺式を基本としていることが明らかになった。JR東北本線自治医大駅から車で約7分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下野薬師寺跡
しもつけやくしじあと

栃木県下野(しもつけ)市薬師寺にある古代東国有数の官寺跡。奈良時代には日本三戒壇の一がここに置かれ、僧道鏡(どうきょう)の流配寺としても有名。『続日本紀(しょくにほんぎ)』などわが国の正史にも寺名が記されるが、創建年代は天智(てんじ)・天武(てんむ)・文武(もんむ)朝期など諸説があり不詳。しかし、1966年(昭和41)から71年まで6次の発掘が実施され、大和(やまと)川原寺(かわらでら)系の八葉複弁蓮華文(れんげもん)や重弧(じゅうこ)文の優美な軒瓦(のきがわら)が出土した。これによって天武朝期(673~686)ごろの創建説が有力となる。四至は塀によって画され、東西252メートル、南北340メートル強。東・西辺の中間には門が置かれ、やや西に寄った中軸線上に南門、中門、金堂、講堂が直線的に並び、中門と講堂は回廊で結ぶ。東塔は回廊の外に置かれる。回廊の正面幅105メートル(350尺)、講堂と中門の心心距離96.9メートル(323尺)など数値が示す規模は地方寺院としては大きく、正史の記載を裏づける。主要堂宇跡の現況は安国寺の境内となっている。[大金宣亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下野薬師寺跡の関連情報