コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原山遺跡 はらやまいせき

2件 の用語解説(原山遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はらやまいせき【原山遺跡】

長崎県南高来郡北有馬町にある縄文時代終末の支石墓群。雲仙岳南麓の諏訪池の東,標高約230mの高原上にある。日本考古学協会が,日本農耕文化起源究明のため,1960,61年に発掘調査し,71年にも長崎県教育委員会が調査した。支石墓群は4群に分かれ,40基以上が調査されたが,開拓によって破壊されたものを加えると100基以上となる。支石墓の下部構造は,土壙,箱式石棺,甕棺などがあり,副葬品として小型壺や浅鉢がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原山遺跡
はらやまいせき

長崎県南島原(みなみしまばら)市北有馬町にある縄文時代終末期の最大支石墓(しせきぼ)群である。雲仙(うんぜん)岳の南西緩傾斜地で、1950年代から開拓に伴って支石墓が発見され、60~61年(昭和35~36)には日本考古学協会による発掘調査が行われた。三つの支群があり、第一群はもと十数基あったがすべて現存しない。第二群は6基、第三群は54基が現存してともに国指定史跡である。箱式石棺、土壙(どこう)、甕棺(かめかん)などを下部構造とし、上部に数個の支石を伴う上石を据えたもので、縄文晩期の壺(つぼ)、鉢などを副葬している。縄文文化から弥生(やよい)文化の転換期に、朝鮮半島ともっとも近い西北九州にいち早く伝来した支石墓文化の実態を示す遺跡である。[小田富士雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原山遺跡の関連キーワード縄文時代石刀石剣津雲貝塚雲仙南島原岩田遺跡大将軍遺跡北有馬太郎中村貞太郎

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone