コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厳原[町] いづはら

2件 の用語解説(厳原[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

厳原[町]【いづはら】

長崎県対馬南部を占める下県(しもあがた)郡の旧町。東岸の厳原は古く国府が置かれ,近世は大陸貿易で栄えた宗氏城下町で,武家屋敷も残り,博多から定期航路が通じ,対馬の中心をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いづはら【厳原[町]】

長崎県対馬南部,下県(しもあがた)郡の町。1908年町制を施行し,56年久田(くた),佐須,豆酘(つつ)の3村と合体。人口1万6367(1995)。町の中心をなす東岸の旧厳原町は県の出先機関が集中する対馬の中心地であり,博多港からフェリーが就航する。古代には対馬島の国府が置かれ,文明年間(1469‐87)宗貞国が,居城を上県郡峰町から移して以来金石城の城下町となり,近世まで府中または府内と呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の厳原[町]の言及

【府中】より

…対馬国下県(しもあがた)郡与良(よら)郷に属した地名(現,長崎県下県郡厳原(いづはら)町)。地名は677年(天武6)対馬国府が置かれたことに由来し,国府,府内とも記される。律令制下では国衙,国分寺が置かれ,対馬の政治,経済の中心であったが,平安時代から室町時代にかけては権力者が必ずしも本拠を置かず衰えた。宗氏も1408‐86年(応永15‐文明18)は本拠を上県(かみあがた)郡三根(みね)郷(現,峰町)佐賀(さか)に置き,15世紀後半の戸数は申叔舟の《海東諸国紀》によれば府中100戸,佐賀500戸である。…

※「厳原[町]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

厳原[町]の関連キーワード厳原対馬対馬海峡対馬国海神神社長崎県対馬市直仁徳卜部乙屎麻呂桜井一右衛門高橋波自米女

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone