反故・反古(読み)ほご

大辞林 第三版の解説

ほご【反故・反古】

〔古くは「ほうぐ」「ほうご」「ほぐ」「ほんぐ」「ほんご」とも〕
書画などをかきそこなったりして、いらなくなった紙。ほごがみ。 「 -籠かご
不要なもの。役立たないもの。
無効。取り消し。破棄。
[句項目] 反故にする

ほんぐ【反故・反古】

ほご(反故)」に同じ。

ほんご【反故・反古】

ほご(反故)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐ぐ【反故・反古】

〘名〙 =ほぐ(反故)
※右京大夫集(13C前)「ほかへまかるに、ほうぐどもとりしたたむるに」
[語誌](1)奈良期に「本古紙」〔正倉院文書‐天平宝字四年(七六〇)六月二五日・奉造丈六観世音菩薩料雑物請用帳〕、「本久紙」〔正倉院文書‐天平宝字六年(七六二)石山院牒〕の表記で見えるのが古い。また、「霊異記‐下」には「本垢」とあり、当初の語形はホゴ・ホグ、あるいはホンク(グ)であったと考えられる。
(2)平安期の仮名文では「ほく」と表記されることもあるが、ホンクの撥音無表記とも見られる。「色葉字類抄」には「反故 ホク 俗ホンコ」とあり、鎌倉時代においては、複数の語形があったこと、正俗の意識があったことなどが分かる。
(3)「日葡辞書」の「Fongo(ホンゴ)」の項に「Fôgu(ホウグ)と発音される」との説明があるところから、中世末期においてはホウグが優勢であり、近世になってからもホウゴ・ホンゴ・ホゴ・ホング・ホグなどとともに主要な語形として用いられている。→「ほご(反故)」の語誌

ほう‐ご【反故・反古】

〘名〙 =ほぐ(反故)
※宇津保(970‐999頃)国譲中「いささかに手ならし給しほうごなど、取りちらし給」

ほ‐ぐ【反故・反古】

〘名〙
① 書画などを書き損じて不用となった紙。ほご。ほうご。ほうぐ。
※霊異記(810‐824)下「爰に景戒愁へて紙無きを何にせむといふ。乞者の沙彌、又本垢を出し、景戒に授けて言はく斯れに写さむかな」
② 役にたたなくなったもの。むだ。不用。
※浄瑠璃・仮名手本忠臣蔵(1748)六「舅の㝡期も、女房の奉公も、反古(ホグ)にはならぬ此金」
③ 取消し。無効。
[語誌]→「ほうぐ(反故)」「ほご(反故)」の語誌

ほ‐ご【反故・反古】

〘名〙 =ほぐ(反故)
※洒落本・廓宇久為寿(1818)前「あの約速も、此約速も、今じゃアみんな反古(ホゴ)となり」
[語誌]「反故」「反古」を表わす語形は数が多く、そのいくつかは同時代に並行して用いられている。ホグ・ホゴの語形も古くからあったが、特に近代になって有力となった。明治・大正期の国語辞書の多くは、「ほぐ」を主、「ほご」を従として項目を立てており、「ほご」の語形が一般的になったのは比較的最近のことである。→「ほうぐ(反故)」の語誌

ほん‐ぐ【反故・反古】

〘名〙 =ほぐ(反故)→「ほうぐ(反故)」の語誌。
※発心集(1216頃か)五「人に紙ほんぐなど乞あつめ」

ほん‐ご【反故・反古】

〘名〙 =ほぐ(反故)
※紫式部日記(1010頃か)消息文「よろづつれづれなる人の、まぎるることなきままに、古きほんこひきさがし」
[語誌]→「ほうぐ(反故)」の語誌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android