コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同和対策 どうわたいさく

世界大百科事典 第2版の解説

どうわたいさく【同和対策】

被差別部落(いわゆる同和地区)に関する社会的・経済的諸問題の解決を目的とする国および地方公共団体施策。第2次大戦前にも行政が部落差別問題の解消をはかる措置を講じたことはあったが,同和対策の著しい進展をみたのは,日本国憲法の下での民主主義思想の広まり,人権意識の高揚,それにもとづく部落解放運動の展開という新しい状況を迎えた戦後のことであり,その基本的方策が示されたのは,1965年に同和対策審議会の答申(同対審答申)が提出されてからのことである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

同和対策の関連キーワード「飛鳥会」理事長業務上横領・詐欺モード・アバンセ不正融資事件全国部落解放運動連合会部落解放同盟と同和行政人権擁護推進審議会人権擁護施策推進法人権文化センター部落差別解消法大石 八治北原 泰作磯村 英一高木 正幸被差別部落野本 武一同和対策法山本 政夫盛田 嘉徳米田 富人権教育同和教育

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同和対策の関連情報