コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名立[町] なだち

百科事典マイペディアの解説

名立[町]【なだち】

新潟県南西部,西頸城(にしくびき)郡の旧町。日本海に臨む主集落は北陸街道宿場町として発達,北陸本線北陸自動車道が通じる。近年,上越市などへの通勤者が増加。米作のほか,タイ,エビの水揚がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なだち【名立[町]】

新潟県南部,西頸城(にしくびき)郡の町。人口3636(1995)。名立川流域にあり,北は日本海に臨む。《延喜式》に越後国名立駅が見え,河口の名立大町は近世,北陸街道の宿場町として栄えた。上越市との境をなす鳥ヶ首岬西の名立小泊の背後には,1751年(宝暦1)の地震によって生じた断層崖〈名立崩れ〉があり,小泊はこのときの崩壊性地すべりで壊滅的な被害を受けた。現在は名立漁港があり,小型底引網漁が行われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android