告朔・視告朔(読み)こうさく

  • こうさく カウ‥
  • こくさく

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「視告朔」と書いても、「視」の字は読まないのが慣例) 毎月朔日(ついたち)に、百官の行事、上日(つとめび)を記した文を、天皇が閲覧する儀式。正月は二日か四日に行なわれ、後には、正月、四月、七月、一〇月の月初めにだけ行なわれた。ついたちもうし。こくさく。
※続日本紀‐大宝元年(701)正月戊寅「天皇御大安殿、受祥瑞、如告朔儀
※太平記(14C後)二四「子日(ねのひ)の若菜・卯日の御杖・視告朔(カウサク)の礼・中春両宮(ちゅうとうりゃうぐう)の御拝賀」
〘名〙 (「視告朔」と書いても、「視」の字は読まないのが慣例)
※名目鈔(1457頃)恒例諸公事「視告朔(コクサク) 視字不読之例也、正四七三ケ月朔有之」
② 中国で、諸侯が天子から受けた暦を祖廟におさめておき、朔日ごとに羊を供え、その日が朔日であることを祖霊に告げる儀式。〔周礼‐春官・大史〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android