告朔・視告朔(読み)こうさく

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐さく カウ‥【告朔・視告朔】

〘名〙 (「視告朔」と書いても、「視」の字は読まないのが慣例) 毎月朔日(ついたち)に、百官の行事、上日(つとめび)を記した文を、天皇が閲覧する儀式。正月は二日か四日に行なわれ、後には、正月、四月、七月、一〇月の月初めにだけ行なわれた。ついたちもうし。こくさく。
※続日本紀‐大宝元年(701)正月戊寅「天皇御大安殿、受祥瑞、如告朔儀
※太平記(14C後)二四「子日(ねのひ)の若菜・卯日の御杖・視告朔(カウサク)の礼・中春両宮(ちゅうとうりゃうぐう)の御拝賀」

こく‐さく【告朔・視告朔】

〘名〙 (「視告朔」と書いても、「視」の字は読まないのが慣例)
※名目鈔(1457頃)恒例諸公事「視告朔(コクサク) 視字不読之例也、正四七三ケ月朔有之」
② 中国で、諸侯が天子から受けた暦を祖廟におさめておき、朔日ごとに羊を供え、その日が朔日であることを祖霊に告げる儀式。〔周礼‐春官・大史〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android