コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呼子[町] よぶこ

百科事典マイペディアの解説

呼子[町]【よぶこ】

佐賀県東松浦郡,東松浦半島北端を占める旧町。呼子港は前面に加部(かべ)島をもつ天然の良港で,古くは壱岐対馬,大陸との交通要地で,のち捕鯨基地として発達。近年は沿岸漁業の中心。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よぶこ【呼子[町]】

佐賀県北西部,東松浦郡の町。人口6700(1995)。東松浦半島の北端にあり,玄界灘西部の壱岐水道に臨み,海上の加部島小川島も町域に含む。玄武岩性の上場(うわば)台地末端の入江にある呼子港は,北面に浮かぶ加部島が防波堤の役割をなす天然の良港である。古来,大陸への海上交通の要地で,加部島は,任那(みまな)に渡る大伴狭手彦(おおとものさでひこ)のあとを追った松浦佐用姫(まつらさよひめ)が石に化したという望夫石(ぼうふせき)の伝説の地である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

呼子[町]の関連キーワード佐賀県東松浦郡玄海国定公園