コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和霊神社 われいじんじゃ

2件 の用語解説(和霊神社の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

われいじんじゃ【和霊神社】

愛媛県宇和島市和霊町にあり,宇和島藩初期の家老山家(やんべ)清兵衛をまつる神社。清兵衛は1620年(元和6)藩主伊達秀宗の密命により暗殺されたが,53年(承応2)6月秀宗はその霊を和らげるため山頼(やまより)和霊社を建立した。その後1700年(元禄13)明神号を受け,28年(享保13)には大明神となり,31年には5代藩主村候(むらとき)により現在地に遷座し,神社が完成した。その間,慶安の大地震,1666年(寛文6)の大洪水,2代藩主宗利の男子の夭逝,享保の大飢饉などがあいつぎ,清兵衛のたたりと恐れられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和霊神社
われいじんじゃ

愛媛県宇和島(うわじま)市和霊町に鎮座。祭神は山家公頼(やんべきみより)之霊(のみたま)。公頼は通称清兵衛(せいべえ)といい、もと伊達政宗(だてまさむね)の家臣であった。1615年(元和1)政宗の長男秀宗(ひでむね)の宇和島移封に従って、その家老として藩治に大いに功績があったが、20年に暗殺された。没後神異があり、53年(承応2)本社が創建された。1735年(享保20)鎌江(かまえ)城跡の現地に遷座した。四国では庶民の厚い信仰が寄せられている神社である。例祭日7月23、24日の両日。[落合偉洲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和霊神社の関連キーワード宇和島市日振島宇和島じゃこ天白砥うわじまきさいや広場津島プレーランドみま堀部彦次郎山村豊次郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

和霊神社の関連情報