コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

咽頭結膜熱(プール熱) いんとうけつまくねつぷーるねつ Pharyngoconjunctival Fever

1件 の用語解説(咽頭結膜熱(プール熱)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

いんとうけつまくねつぷーるねつ【咽頭結膜熱(プール熱) Pharyngoconjunctival Fever】

[どんな病気か]
 おもにアデノウイルスの3型や7型の感染でおこる病気です。
 学校のプールでの集団発生が目立つので、プール熱ともいいます。
●かかりやすい年齢
 幼稚園小学校へ通う子どもがほとんどです。
●流行する季節
 晩春から夏にかけて多発します。
[症状]
 急に寒けがして、39~40℃の高い熱が出て、のどが赤く腫(は)れて痛み、のどのリンパ節が痛みます。同時に目が結膜炎(けつまくえん)をおこして赤くなり、ゴロゴロして痛み、まぶしく、涙や目やにが出ます。
 せき、たん、鼻汁(びじゅう)、下痢(げり)、腹痛などの症状が出ることもあります。
 熱は3~4日で下がり、そのほかの症状も1週間くらいで治ります。
[治療]
 解熱薬(げねつやく)の服用のほか、目への細菌の二次感染を予防するため、抗生物質の眼軟膏(がんなんこう)を用います。
 この病気は、学校伝染病の1つで、主要症状が消え、2日を経過するまでは出席停止となります。届け出れば欠席にはなりません。
●受診する科
 熱が高ければ小児科、目の症状が強ければ眼科を受診します。
家庭看護ポイント
 かぜと同じように養生します。感染力が強いので、流行性角結膜炎(りゅうこうせいかくけつまくえん)の「予防」の項(「流行性角結膜炎」の予防)と同じ注意を守ってください。
 また、下痢が強いと、幼児は脱水症(だっすいしょう)をおこしやすいので、十分に飲料を与えてください。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

咽頭結膜熱(プール熱)の関連キーワードアデノウイルスオモニ御悩どういう何心地不死身ライノウイルスアデノシン環状一燐酸アデノシンデアミナーゼE1A

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone